千鶴子はまだ

9 の用例 (0.00 秒)
  • と千鶴子はまだ躊躇の様子で、動かぬ霊柩車の飾りの中を眺めて云った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子はまだ廻りやまぬプロペラの風に吹かれながら六七番目に現れた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子はまだ耳を塞いでいるので矢代の言葉は聞えぬらしかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • と千鶴子はまだ山を見たまま低く云った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子はまだ彼に気附かぬらしい様子だったが、ときどきピエールと話しながらも二階の歩廊の方を眺めたりしていた。 横光利一『旅愁』より引用
  • しかし、千鶴子はまだこの自分に与えられた幸福な感覚さえ少しも知らぬのだと思うと、彼は自分ひとり授けられた充実した幸福に変りはなくとも、何んとなく一抹のあわれを感じて来るのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 改札口の所の矢代を見付け、千鶴子はまだ車内の蒸気の熱に浮かされた頬で笑った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子はまだ訝しそうな声だった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子はまだ外套も脱がず珍らしそうに、暫くは裏口の窓へ行ったり、炊事場へ廻ったりしつづけた。 横光利一『旅愁』より引用