千鶴子の顔

20 の用例 (0.00 秒)
  • 眼を上げた千鶴子の顔に、走り停った強い光彩がぼッと赧らみを加えて来た。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子の顔さえ見れば良いと思って上って来たためか、何んとなく久慈は嘘ばかり自分が云っているように思えてならなかったが、しかし、まだ嘘はどこ一つも云ってなかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • と云って久慈は、千鶴子の顔を見ず中に這入り椅子に腰かけた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子の顔の染まるのをいくらか嫉妬めく心で久慈は見ていた。 横光利一『旅愁』より引用
  • その一つの中には千鶴子の顔も恐らく混っていたにちがいないと思われたが、しかし、外人でさえそんなに思うものもいたのだということだけは、誰も一度は知って置いても良いことだと彼は確信するのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代のこんなことを云う途中に、もう千鶴子の顔は解け流れて来るようににこにことして聞いて来た。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子の顔は赤味を帯んで熱して来た。 横光利一『旅愁』より引用
  • それはたしかに前の千鶴子ではない、何か悩みを含んだ慎しみの深さを加えて来ている、前よりはるかに現実的な千鶴子の顔だった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代も一別以来の挨拶を笑顔で返してから、ふと横を見たとき、今まで突いていた自分の片手の汗を中心にぼッと曇った円柱の肌の向うから突然千鶴子の顔が現れた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代はときどき千鶴子の顔を眺めてみた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 物いうのさえ何んとなく恐わそうだった千鶴子の顔から、拡がりすぎてゆく漣に似た速さでかき消えた愁いがあった。 横光利一『旅愁』より引用
  • こう云って矢代は千鶴子の顔に流れた光線の綾に微笑を投げかけ、過ぎゆくあたりの風景の何んと静かな眺めであろうと、緑の樹の間に煌めいている噴水の輪に視線を移した。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子の顔は真剣だった。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • その間も、縮まっていく二人の視線の間を人の流れがちらちらと断ち切ったが、また顕れる千鶴子の顔は見る度びに笑顔を変えた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 黙って何も云わず濠の底を見ている千鶴子の顔に、ときどき反抗したげに藻掻く微笑が出没した。 横光利一『旅愁』より引用
  • ほとんど先から千鶴子と視線の合うのを恐れていたのも、矢代は、このことだけ千鶴子に訊きにくい事だったからであるが、それもいくらか酒にほぐされ、初めて千鶴子の顔を見て訊ねた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 日の射しかかっている方へ踉めき出る煙草の煙りを眺めながら、千鶴子の顔は幾らか沈みかかったが、また支え直す笑顔も消えなかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子の顔がパッと輝いた。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 下枝を払った樹樹の梢の張りわたった葉の色に染り、薄化粧をした千鶴子の顔も少し青ざめていたが、一株の薔薇の見える小径をおもはゆげに笑い、横を向きつつも千鶴子の足はだんだん早くなって来た。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子の顔は再び生気を取り戻して動き出した。 横光利一『旅愁』より引用