千鶴子の家

16 の用例 (0.00 秒)
  • それは絶えず千鶴子の家へ自分の両親の頭を下げさせることであった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子の家との結納もすませた四日目で、駅へは母と幸子とが送りに来た。 横光利一『旅愁』より引用
  • その夜、矢代は帰りのタクシで千鶴子の家の方を是非廻ってみたくなった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子の家を見つけても今ごろから中へは入れぬ事情だったが、今はただ見て置けばそれで良いと思った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 彼はこのような機会に、千鶴子の家へ結婚を申し込むべき形式の相談を二人でしたいと思ったが、傍にまだ人がいてそれも出来がたかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子の家の方も同様の意向で、日を決めて、東野は両家へ出かけて来ることにもなった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は気軽くなったついでに、東京へ着いたその夜、千鶴子の家の前まで夢中で行ったことをつい話しそうになった。 横光利一『旅愁』より引用
  • それはどういう理由かもう彼には分らなかったが、何んとなくそれは非常に見事な習慣だと思われ、自分が千鶴子の家と自分の家との二家の父母の許しを待つまで、君を愛すなどという言葉も千鶴子に使いたくないのも、実はただそれだけの分らぬ理由からだったとも思った。 横光利一『旅愁』より引用
  • その頃千鶴子の家では家宝の土用干しを行っていたが、そこへ二人の泥棒が忍びこむ。
  • 矢代は日本にいる千鶴子の家の人人のことをまだ少しも知らぬ自分だと思い、悲劇が起るならそこからだとふと思ったが、しかし、それも起ったところでもっと今より後のことだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 運転手にそこで千鶴子の家の「宇佐見」の名を訊かせてみると、尋ねる家はもうよほど近づいていた。 横光利一『旅愁』より引用
  • ただの一年で見切れぬものを見、聞きなれぬものを聞き、行いきれぬものを行った結果が、この夜道を選んだのだとすると、間もなくこれから見える千鶴子の家の門口は、自分にとって地獄か天国か、どちらかの道の入口にちがいはないとも思った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は塩野から眼を灯台に放し、さみしく答えたものの、事実、自分は千鶴子の家のことに関しては、調査することもまだ進めず、またその用も感じたこともない自分だと思った。 横光利一『旅愁』より引用
  • まだ千鶴子の家の方の確かな内諾もないときに、ひとり急いでは、失敗のときの自分の責め苦を引き受ける心算でいても、そのため母にまで与える苦痛を思い、矢代は手綱をひき緊めてかかりたかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子の家から近い場所をというので、矢代たちは、目黒のある料亭を選び、そこからまた塩野が千鶴子に電話で報らせた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 泥棒は再度千鶴子の家へ忍び込むが、そこへ鎧を着ていた千鶴子と遭遇し、泥棒は浜辺目がけて逃走し、千鶴子は鎧のまま彼らを追いかける。