千鶴子の姿

13 の用例 (0.00 秒)
  • 矢代はどこかの桟敷の奥から今もこの光景を見ているにちがいない千鶴子の姿を想像した。 横光利一『旅愁』より引用
  • 彼の頭に浮んだものは、日本から来るまでの船中の千鶴子の姿であったが、定めし彼女も別れてからはさまざまな苦労を自分同様に続けたことであろうと思われた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 鋭い氷山はときどき中央に空洞を開けていて、その穴から向うを辷る千鶴子の姿がよく見えた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 席に千鶴子の姿はなかった。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用
  • 矢代はそう云いながらも、ふと来る途中雪の中で見た、玉の緒をつらねて飛び去った夢の千鶴子の姿を思い描いた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代もパリでの二人の日日が次から次へと思い出され、現にこうして旗本屋敷の中で対き合っている千鶴子の姿が、ますます別人のように見えて来るのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • こんな感じが強かったためか、また彼は自然に、別れるときに祈りを上げたカソリックの千鶴子の姿も思い出した。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子の姿も全く闇に呑まれて見別け難くなった。 横光利一『旅愁』より引用
  • この千鶴子の姿は、今までに幾度となく彼の思いの中に泛んで来た姿だったが、今の千鶴子の祈る姿は、不思議と喰い違う歯車のきしみを感じて矢代は困るのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 可也君は、新妻と二人並んで潮の中に這入るのを恥らうのか、一寸千鶴子の姿をたしかめたまま、今度は砂丘の方に上っていった。 壇一雄『リツ子 その愛・その死』より引用
  • しかしそのスフィンクスの背後に聳えていたピラミッドの暗闇の穴の中を潜ったときに、久慈に手を持たれ、ふっと苦しい呼吸でひき上げられていた千鶴子の姿を一緒に矢代は思い出す。 横光利一『旅愁』より引用
  • 臙脂えんじ色の千鶴子の姿が尾根の上に全貌を現したときは、来た峰の上に折れまがった長いその影を取り包んで、七色の彩光が氷の面面に放射していた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 依田千鶴子の姿もあった。 横山秀夫『クライマーズ・ハイ』より引用