千鶴子のホテル

5 の用例 (0.00 秒)
  • 彼はベンチから立ち上ると千鶴子のホテルの入口へ行き肩で戸を押してみた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 行く手の鋪道を集めている広場から左に折れた所に千鶴子のホテルがあった。 横光利一『旅愁』より引用
  • その夜千鶴子のホテル附近の広場に祭があるというので、夕食後四人はそれを見物に出ていった。 横光利一『旅愁』より引用
  • コーヒーも飲まず彼は千鶴子のホテルへすぐ自動車で行って、その車を下で待たせたまま、五階へ上っていった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子のホテルの方へ彼女を送って行きながら、こうして愛する証左の言葉を一口も云わずにすませたのも、これも異国の旅の賜物だと思った。 横光利一『旅愁』より引用