千鶴子のこと

28 の用例 (0.00 秒)
  • 久慈はそう云って頭を撫でているうちにふと千鶴子のことを思い出した。 横光利一『旅愁』より引用
  • しかし、日本へ帰って、最初に思い出したのは、やはり千鶴子のことだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 朝食をすませてから矢代は自分の部屋に戻り、また千鶴子のことを考えた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子のこととなると話を反らして時計を見るのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • マルセーユへ降りてからは、若者たちが千鶴子のことなど忘れてしまったのを早くも沖氏は見てとって云ったのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子のことを思い出すこともあったが、今は彼女と別れて来たことを良いことをしたと思った。 横光利一『旅愁』より引用
  • そして、もし自分の国がそんな状態になったなら、自分もやはり千鶴子のことなどもう考えてはいられなかろうと思った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 雪の中に蜜柑の皮の落ちているのを眺めながら、矢代は自分の母へ千鶴子のことを打ち明けることも考えた。 横光利一『旅愁』より引用
  • それはただ単に千鶴子のことだけではなく、見て来たヨーロッパのことも、出来れば頭の中から尽く消したかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は今の塩野と千鶴子のことに関しては触れられたくはなかったので、一言答えただけで仰向きに長く伸びた。 横光利一『旅愁』より引用
  • あの山を眺めて涙の出て来たときも、もうここから動きたくはないと思った気持ちの中には、たしかに、京都にいる千鶴子のことを、一つは頭に泛べたそのためもあったようだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • また彼はこの樹を見上げたときが自ら正しい考えを得るように感じてからは、その日の吉凶なども判断したくなったりして、知らず識らずそれも習慣となると、いつの間にか千鶴子のことなど、自然とつい欅と相談するという風な癖にもなるのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • それにしても、故郷に戻った刺戟のためか今まで千鶴子のことを忘れていた自分を思い出し、久しぶりに純粋な感動にひたれた一日を有りがたいと思った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 彼はこんなときでも何かの拍子にふと空を見るようなことがあると、急に千鶴子のことを思い呼吸が空に吸いとられるように淋しくなったが、しかし、何ごともみな過去のことだと思うとまた石の間をことこと歩いた。 横光利一『旅愁』より引用
  • しかし、これで自分のどこかにやはり元気の無さそうな部分が見えるかもしれぬと思うと、その原因が千鶴子のことだとは分らぬながらも幸子だけは、外国での男の間に生じる出来事など想像出来るにちがいないことであれば、さきから執拗く表情を追って来るのも、そのあたりの不審が元であろうと矢代には思われた。 横光利一『旅愁』より引用
  • しかし、さて帰ってから母の奨めに随い、結婚しなければならぬとなると思い泛んで来たのは、千鶴子のことであった。 横光利一『旅愁』より引用
  • いつもの時ならともかく、夜になれば千鶴子のことを母に云い出そうと決めていたときだけに、親鳥のその姿は、自分の知らぬ部分の母の労苦に見えて胸を衝くものがあった。 横光利一『旅愁』より引用
  • しかし矢代は廊下に立って塩野の背を見ながらも、やがて来そうな千鶴子のことをふと思うと、争われず庭など落ちついて眺めていられなかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 彼はそう答えるにも、結納をすませて京都に待たせてある千鶴子のことをいま嫁と呼ぶべきかどうかあやふやな感じがした。 横光利一『旅愁』より引用
  • ヨーロッパをともに廻った千鶴子のことをふと頭に泛べても、あれは嘘の千鶴子だったと思うことが、だんだんこのときから矢代に強くなった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 次へ »