千鶴子に手紙

7 の用例 (0.00 秒)
  • 千鶴子に手紙を書いて二三日してからも、矢代はまだ結婚の夜の興奮がつづいて去らなかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 二三日の間、矢代は母から結婚の承諾を得たことについては、千鶴子に手紙を書かなかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子に手紙を書きかけてみたがそれも気乗りせず中途でやめ、写真帳の中から研究用に蒐集してある写真と地図とを覗いた。 横光利一『旅愁』より引用
  • その間、アメリカを廻っている千鶴子から手紙が三度ばかり来たが、矢代の方からは宿の定まらぬ千鶴子に手紙の出しようがなかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • もし千鶴子に手紙を書くとしたら、先ず慶びとともに何よりその不安さを無遠慮に書きたかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は結局千鶴子に手紙を書いた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子に手紙を出してから、暫くの問を隔いたある日の午後、彼女と、また松濤の公園で東野の宅へ行く前に待ち合せた。 横光利一『旅愁』より引用