千鶴子と結婚

12 の用例 (0.00 秒)
  • が、もし千鶴子と結婚すれば、いつもこんな刃と対う日日になるのだろうか。 横光利一『旅愁』より引用
  • しかし、そのうちでも千鶴子と結婚するということだけは、これ一つ彼には不安だった。 横光利一『旅愁』より引用
  • もし千鶴子と結婚が定まれば、もうあの夢とも最後かもしれぬ。 横光利一『旅愁』より引用
  • もし千鶴子と結婚するなら自分はそれを済ませてからにしたいと思い、越後の国境いの高原の方へ出ていった。 横光利一『旅愁』より引用
  • しかし、朝日の光りをはっきりと認めても、千鶴子と結婚した自分の全感覚は否定出来なかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は車のライトに照し出されては消えてゆく家家を見ながら、その一つ一つに具った家風の違いを思うと、千鶴子と結婚する無理から起って来る自分の方の両親の困難が想像された。 横光利一『旅愁』より引用
  • しまった、千鶴子と結婚しとくのだったと。 横光利一『旅愁』より引用
  • しかし、矢代はそういう場合に、その異端者である自分がいよいよ千鶴子と結婚するのだと思うと、差し向けられた刃より、むしろ、それに滅ぼされた自分の先祖たちが、自分の背後から立ち襲って来る呻きの方を強く感じた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 日本人の能力のなかにも、そういう数学的に卓越した遺伝が蓄積されているということを、龍安寺の石庭からの暗示として、由吉は云いたかったものだろうが、それとは別に、矢代は、自分が去年千鶴子と結婚した夢を見た日のことをふと思い出すのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • マルセーユであんなに憐れに物悲しく千鶴子の見えた最中に、今にも千鶴子と結婚しようと覚悟を決めたこともあったのに、それが一度び水を換えられた魚のように美しさを取り戻した千鶴子に接すると、も早やマルセーユの切ない心は矢代から消えて来るのだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • そして、このままもし、自分が千鶴子と結婚するような結果にでもなれば、右近のように西洋に憧れつづける久慈のことであるからは、あるいは、忠興とガラシャの間にカソリックの水をさし注いで絶えず二人をまどわせた右近のように、うるさい日日のもつれも生じる惧れなきにしも非ずと思われる。 横光利一『旅愁』より引用
  • 山下源太郎の長女、千鶴子と結婚し山下家の養嗣子となる。