千鶴子と矢代

11 の用例 (0.00 秒)
  • こんな日のよく晴れたある午後また千鶴子と矢代は公園で会った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 恐らく千鶴子と矢代は自分と真紀子の行ってしまったようなことさえ、未来のこととして旅の気持ちをつづけているのにちがいあるまい。 横光利一『旅愁』より引用
  • 自分が早く帰れと矢代に手紙を出したのを久慈は思い出したが、まさか手紙のままそんなに早くなろうとは思わなかっただけに、久慈とて千鶴子と矢代の早い帰りが先日からの疑問だった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 東野も千鶴子と矢代とのひそひそ話を、前から幾らか耳にしていたと見えて、そう訊ねた。 横光利一『旅愁』より引用
  • すきやきの鍋を、真紀子と東野、そして、千鶴子と矢代と二つに頒けた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子と矢代もこれから式を上げようとしている間であり、塩野や佐佐も同様に進んでいたが、妻を亡くしたものは東野一人だったので、このときの東野の感想は、一同の頭に冷水を浴びせたような刺戟があった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 謝る真紀子を千鶴子と矢代は慰めながら立って帰ろうとした。 横光利一『旅愁』より引用
  • つまり、矢代と久慈との二人の方が、千鶴子と矢代や、真紀子や久慈より、はるかに深い夫婦だったといって良い。 横光利一『旅愁』より引用
  • ある日、ドームで千鶴子と矢代がショコラを飲んでいると、丁度二人の前で、黒人の女と白人の男がしきりに何事か睦まじそうに話し込んでいたことがあった。 横光利一『旅愁』より引用
  • がやがや話していた食卓の長い両側の列が、皆一斉に話をぴたりと停めると、千鶴子と矢代の方を振り向いた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 咳き熄んだ千鶴子と矢代はもう黙った。 横光利一『旅愁』より引用