千鶴子と久慈

7 の用例 (0.00 秒)
  • めぐる度びに矢代の背から顕れる千鶴子と久慈はときどき視線を合せた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子と久慈と矢代は、飛行館のバスには乗らず別にタクシを呼んでパリまで走らせた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 自動車の中でも千鶴子と久慈とはしきりに話をしたが、矢代は絶えず日本風の淋しい顔のまま黙っていた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子と久慈は早くも外の観台に立って、風に吹かれながら明るい光線の降りそそぐ遠方の半島を眺めていた。 横光利一『旅愁』より引用
  • ある夜、矢代と千鶴子と久慈とそれにアンリエットの四人が食事をすませてからドームにいると、東野に逢った。 横光利一『旅愁』より引用
  • ピナン、コロンボ、アデンと進むその船の中では、千鶴子と久慈がいつも手を取り合わんばかりにして、甲板の影から影を愉しげに廻っていたものだったが、過ぎ去った日の悩ましさも消したくなって、矢代は、蒲団の中で寝返りうった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 新しく知人が出来て来ると、パリで出来た知人らの面影も、去るもの日に疎しというのが眼のあたりの実情になったが、中でも千鶴子と久慈と真紀子のことだけは、同じかまの御飯を食べ合った身近さで、寝るときなど矢代はよく眼に泛べた。 横光利一『旅愁』より引用