千鶴子と並ん

5 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は暫く皆に背を向け千鶴子と並んで立っている間も、自分のいう真意の通じる範囲は、この広い世の中でただ千鶴子にだけかもしれないと思った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は篠懸の樹を下にめぐらせた城壁の上にのぼり、千鶴子と並んで河を見降ろした。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は上まで登って千鶴子と並んで立った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 電車が有楽町に着いたとき、矢代は階段を千鶴子と並んで降りながら、ふとまた侯爵の城郭の壮麗な鳶色が頭に泛んだ。 横光利一『旅愁』より引用
  • が、いま会ってみると、後悔もしなければ、真紀子を惧れる要もなく、千鶴子と並んでいる彼女の姿を眺めていても、かつての共同の生活が、自分とは関係のない、別個の異国に於ける誰かの生活の絵を見るように、泛き上って来る愉しさが強かった。 横光利一『旅愁』より引用