千鶴子と一緒

7 の用例 (0.00 秒)
  • 矢代は忘れていたアンリエットとの時間を思い出したが、もう暫くは千鶴子と一緒にいたいと思った。 横光利一『旅愁』より引用
  • その日の夜、矢代は夕食を千鶴子と一緒に摂って、午後の九時ごろ新橋の駅で別れひとり家に帰って来た。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子と一緒に、東野や真紀子と室町へ出かけたのは二時を少し廻っていた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 食事場も行きつけの店の一二は開店していたので昨日のようには誰も困らず、夕食のときは矢代や千鶴子と一緒に四人はドームで不便なくすますことが出来た。 横光利一『旅愁』より引用
  • 退屈をしたときパリでよく、家具店をこうして千鶴子と一緒に見て廻った矢代は、そのときのことをふと思い泛べた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は千鶴子と一緒にまた街を歩いていくに随い、食事場だけとは限らず、少し大きな商店はどこも店を閉めていて、どの入口のところにも店員の通いを喰いとめる罷業委員が張番をしていた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 碇泊している東野らの船の、まだ灯を点けたまま埠頭に長く連っている明るさが、またも千鶴子と一緒に航海した港港の夜景を思い出させて来るのだった。 横光利一『旅愁』より引用