千鶴子さん

32 の用例 (0.00 秒)
  • 僕はね、千鶴子さんが嫌いじゃないんだが、今は日本人は君だけで結構なんだ。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子さんなんかの中にもこの古神道は、無論流れているものです。 横光利一『旅愁』より引用
  • 世界が千鶴子さんばかりに見えて来てるんだね。 横光利一『旅愁』より引用
  • 君がパリ祭を見たくなきゃ、千鶴子さんとロンドンへ行けよ。 横光利一『旅愁』より引用
  • 血の出るような生活といえば、議論をする以外に求めようがないんだから、まあ千鶴子さんも議論でも聞いて、生活しているんだと思いなさいよ。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子さん、鮭をフランスへ入れるのに手伝ったって云ってたが、こ奴かな。 横光利一『旅愁』より引用
  • 君との約束のように僕もチロルへ行くつもりでいたのだが、千鶴子さんと君との間を疎遠にしては悪いと思い遠慮することにした。 横光利一『旅愁』より引用
  • こっちが変ってれば千鶴子さんだって変っているさ。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子さんと結婚してしまいなさいよ。 横光利一『旅愁』より引用
  • それから終りに、突然で失礼だが、君はどうして千鶴子さんと結婚する気持ちがないのか。 横光利一『旅愁』より引用
  • 多分君のことだから、千鶴子さんが君の後を追ってそちらへ行っても、依然として前と同じことだろうと思う。 横光利一『旅愁』より引用
  • それにしても、僕は千鶴子さんを君に紹介した責任もこのごろ感じ、柄になくその責めを負うつもりも出て来ている。 横光利一『旅愁』より引用
  • あそこは幻灯を見てるような気がするが、君はあのあたりから千鶴子さんの後ばかり追っかけ廻していたじゃないか。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子さんのは、小さいときからのカソリックの躾けで行くので、そういう人のは、外国へ行くと言っても実は中から外へ出ることで、僕のような日本人の躾けのままだと、外から中へ入ることになるのですから、同じ行くにも感覚からして違って来ますからね。 横光利一『旅愁』より引用
  • もっとも、僕の母親も千鶴子さんがカソリックだと知れば、僕の所へ来ることを喜ばないから、千鶴子さんにしても同様だと思うんだ。 横光利一『旅愁』より引用
  • これであなたや千鶴子さんと会うのも嬉しいが、惜しいことに、外国へ行く前に一度会っておいたんだと、もっと良かった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子さん君どう思うかね。 横光利一『旅愁』より引用
  • 僕は千鶴子さんと別にどうと云ったわけじゃないんだが、船の中であんなに親切にしておいて、今になってがらりと手を変えるようじゃ、あんまり失礼だからね。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子さんの兄貴も、あそこの唄のレコード欲しがってるんで、持って行ってやらなくちゃ。 横光利一『旅愁』より引用
  • マルセーユへ上った途端に眼が醒めたみたいで、どうしても自分があんなに千鶴子さんの後ばかり追い廻したのか分らないんだ。 横光利一『旅愁』より引用
  • 次へ »