千鶴子

全て 名詞
1,837 の用例 (0.02 秒)
  • そこで案内人が先ず千鶴子を船へ送って行くことにして一行は外へ出た。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子はまた別の自分たち二人の結婚のことを考えたらしく訊ね返した。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子はドアの間へ半ば入れた身体をひねって黙って笑いながら頷いた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子は再び背のないベンチを矢代と反対の方へ向き変って足を組んだ。 横光利一『旅愁』より引用
  • この感情は或る日、千鶴子が自分の仕事について話した時極点に行った。 宮本百合子『沈丁花』より引用
  • 千鶴子はもうすませて来たと云って前の建築学校の屋根の上を眺めていた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 金にしてそうであるなら、まして千鶴子という生きた婦人のことである。 横光利一『旅愁』より引用
  • 彼は荷物をあわただしくまとめてみて、千鶴子の部屋へだけ行ってみた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 久慈はそう云って頭を撫でているうちにふと千鶴子のことを思い出した。 横光利一『旅愁』より引用
  • その久慈が今もパリから千鶴子にせっせと手紙を出している姿を思った。 横光利一『旅愁』より引用
  • 自分は本当に拘りない心になって千鶴子を迎えることが出来るだろうか。 宮本百合子『沈丁花』より引用
  • 千鶴子は彼に答えてから急に沈んだのもまた矢代は思い出したりした。 横光利一『旅愁』より引用
  • それは絶えず千鶴子の家へ自分の両親の頭を下げさせることであった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 千鶴子は聞えたのか聞えぬのか黙ってやはりそのまま動かなかった。 横光利一『旅愁』より引用
  • ぴたりと身についた黒い毛の外套も船中の千鶴子とは違って立派であった。 横光利一『旅愁』より引用
  • と千鶴子ももう元気な声で云うと、自分から矢代の腕を持ってまた歩いた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 彼は明日ロンドンから来る千鶴子の処置について考えているのである。 横光利一『旅愁』より引用
  • 柴のように見えるその椅子の束の間から千鶴子が黒い服で近よって来た。 横光利一『旅愁』より引用
  • 矢代は無理に千鶴子をひき据えるようにして土の上へ頭をつけさせた。 横光利一『旅愁』より引用
  • 指を繰ってみてもおよそ千鶴子の船は十日も前に横浜へ着いているころだった。 横光利一『旅愁』より引用
  • 次へ »