千載一遇

全て 名詞
244 の用例 (0.01 秒)
  • こうなるように仕組んだわけではないが、忘れ物をしたことが千載一遇の好機をもたらした。 中村弦『天使の歩廊 ある建築家をめぐる物語』より引用
  • 天下晴れて、天下がねらえるのであるから如水にとっては千載一遇の好機会であったのであろう。 菊池寛『日本武将譚』より引用
  • 姑を追い出せる千載一遇のチャンスだと思っていたかもしれない。 東野圭吾『赤い指』より引用
  • ここで追撃ついげきを放たなければ千載一遇せんざいいちぐう奇跡きせきを見のがすのと変わらない。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅲ』より引用
  • 然し、大地震なんか全く千載一遇だから、滅多にあるものではない。 豊島与志雄『春』より引用
  • だから彼らの貧土には、この大乱もまったくちがう意味の千載一遇せんざいいちぐううつっていた。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • 降下作戦こそはイタリアにとって、文字通り千載一遇の好機であった。 木村裕主『ムッソリーニを逮捕せよ』より引用
  • こういうのを、千載一遇のチャンスっていうんじゃないだろうか。 誉田哲也『武士道シックスティーン』より引用
  • 千載一遇の好機とばかり、犯人は猫のように音もなく天坊さんの背後に忍びよった。 横溝正史『金田一耕助ファイル08 迷路荘の惨劇 v0.9』より引用
  • マーサにしてみれば、千載一遇の尋ね時というところか。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 09 虹の彼方に(上)』より引用
  • 千載一遇のこの尊い体験を私たちは心から感謝してよい。 北原白秋『竹林生活』より引用
  • やつにとって、これは千載一遇のチャンス以外の何ものでもない。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ10 ダイロンの聖少女』より引用
  • これはいま考えれば、全く天から与えられた奇蹟の時間ともいうべき千載一遇のチャンスであった。 鈴木明『リリー・マルレーンを聴いたことがありますか』より引用
  • 今日は実にこれ千載一遇の好機であって、しかも最後の好機であることを自覚しなければならない。 松本清張『小説東京帝国大学(上)』より引用
  • 額から流れる血を舐め、千載一遇の好機に笑みを浮かべる古さん。 言乃葉『出席番号32番 衛宮』より引用
  • 語り合いながら景虎は、千載一遇の機会が訪れたことを感じた。 咲村観『上杉謙信人の巻』より引用
  • おれが本当に作りたいと思っているようなフィルムを作る千載一遇のチャンスなのさ、それに、いろいろ勉強になるしな。 ニーヴン&パーネル『悪魔のハンマー〔上〕』より引用
  • これは有史以来の出来事のこととて、われわれには最も興味深い千載一遇の好機に会ったわけだ。 横光利一『旅愁』より引用
  • それにしても、それだけの理由で、この千載一遇ともいふべき革新の好機会を逸してはならぬ。 岸田国士『日本人とは?』より引用
  • さあ、それこそ、お国にとっちゃ千載一遇の機会です。 横溝正史『人形佐七捕物帳 02』より引用
  • 次へ »

千載一遇 の使われ方