千載一遇

全て 名詞
244 の用例 (0.00 秒)
  • なお、「千載一遇」の載は年のことであり、千載は千年のことである。
  • キリトなら、ここで足を止め千載一遇の機を逃したりはするまい。 九里史生『SAO Web 0404 第七章01』より引用
  • 千載一遇せんざいいちぐうのチャンスとはまさにこのことを指すのだろう。 和田篤志『異世界の聖機師物語』より引用
  • これこそ千載一遇の機でなくて何だろう? 山田風太郎『海鳴り忍法帖』より引用
  • 高は、千載一遇のときと、思わず頬にのぼる紅を制しきれなかった。 吉川英治『新・水滸伝(一)』より引用
  • 千載一遇の機会が向こうからやってきたのだ。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 景気が回復し始め、千載一遇のチャンスがやって来たのだという。 阿刀田高『仮面の女』より引用
  • たまたまのぞき込んだのが増田さんだったものだから、これは千載一遇のチャンスだと考えたんです。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)上』より引用
  • これはたぶん、お前にとっても千載一遇のチャンスなんだぞ? 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • だが、サメはこの千載一遇のチャンスを待ちかまえているはずだった。 R・エイヴァリー『クレイトスの巨大生物』より引用
  • 彼としては、このたびの将軍のことで医心方いしんぽうを思い出したにちがいないが、また医心方を手に入れるためにこのたび文字通り千載一遇せんざいいちぐうの機会が到来とうらいしたと感じているくらいであったのだ。 山田風太郎『秘戯書争奪』より引用
  • Xはこの千載一遇のチャンスを利用して、彼女にどめを刺したのではないだろうか。 森村誠一『致死眷属』より引用
  • そのとき彼は、まさに千載一遇の好機を得ていたのだ。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.1 「第四次聖杯戦争秘話」』より引用
  • こんな日にリングの真下にいるなんて、千載一遇せんざいいちぐうのチャンスだわ。 野尻抱介『クレギオン 2 フェイダーリンクの鯨』より引用
  • ここを千載一遇のチャンスとばかりに利用して、持参した毒を先ほど述べた方法で嚥下えんげさせたのでしょう。 鳥飼否宇『中空』より引用
  • 仇人の顔を知っていればいいが、知らないばあいは千載一遇のチャンスものがしてしまう。 稲垣史生『考証[時代劇]』より引用
  • この千載一遇のチャンスをものにしない手はない。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ04 暗黒邪神教の洞窟』より引用
  • だが、それだけの理由で、こんな千載一遇のチャンスを逃すわけにはいかねえよ。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • そして百年が過ぎ、千載一遇せんざいいちぐうの機会がやってきた。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • この宝くじのような千載一遇せんざいいちぐうの出会いを無にしたら、もはや三度目の出会いは絶対にない。 森村誠一『異型の街角』より引用
  • 次へ »

千載一遇 の使われ方