千載一遇の機会

34 の用例 (0.00 秒)
  • そうだとすれば、入社早々木原は千載一遇の機会にまみえたと言ってよい。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 人間が徐々に殺されてゆく経過をこの眼で見るなどは、千載一遇の機会であらねばならぬ。 久生十蘭『黒い手帳』より引用
  • これを観察できる千載一遇の機会を無駄にしてしまう。 梅原克文『カムナビ(上)』より引用
  • そのとき私は、これこそ天があたえた千載一遇の機会ではないかとおもいました。 森村誠一『棟居刑事の推理』より引用
  • 異例のことであるが、それだけに鳥羽家にとっては千載一遇の機会である。 山田風太郎『忍者六道銭』より引用
  • 千載一遇の機会が向こうからやってきたのだ。 海野十三『浮かぶ飛行島』より引用
  • 彼としては、このたびの将軍のことで医心方いしんぽうを思い出したにちがいないが、また医心方を手に入れるためにこのたび文字通り千載一遇せんざいいちぐうの機会が到来とうらいしたと感じているくらいであったのだ。 山田風太郎『秘戯書争奪』より引用
  • そして百年が過ぎ、千載一遇せんざいいちぐうの機会がやってきた。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • 語り合いながら景虎は、千載一遇の機会が訪れたことを感じた。 咲村観『上杉謙信人の巻』より引用
  • さあ、それこそ、お国にとっちゃ千載一遇の機会です。 横溝正史『人形佐七捕物帳 02』より引用
  • 千載一遇の機会を座して見過ごすつもりなら、艦長席から降りてもらう必要がある。 福井晴敏『機動戦士ガンダムUC 08 宇宙と惑星と』より引用
  • ましてや卍谷を出て以来、弦之介とならんであるき、おなじ屋根の下にねむるという千載一遇せんざいいちぐうの機会をえたのである。 山田風太郎『忍法帖1 甲賀忍法帖』より引用
  • 秀吉を打ち取ることを逸したのみならず、毛利が天下を取る千載一遇の機会を逸したことはもう思い出したくもなかった。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • どうして、わざわざ、自分から、せっかくの、 千載一遇の機会をふいにしてしまうのか。 電車男『hermes』より引用
  • 三木は金脈問題で首相辞任に追い込まれたとはいえ、強大な力を持ち続けている田中を倒し得る千載一遇の機会を捉えたとするのである。
  • 親たちにとっても王室と外戚になれる千載一遇せんざいいちぐうの機会だ。 池上永一『テンペスト1 若夏の巻』より引用
  • 不敬なことではあるが、そういう幸運に恵まれたら、まさに千載一遇の機会と言うべきであり、何をいてもこの機会にけるべきであった。 酒見賢一『後宮小説』より引用
  • 小早川隆景の好意には深く恩にきなければならないが、同時にこれで毛利は自分を討つ千載一遇の機会を逸したと思った。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 彼らは初めて目にするエルフの秘呪に軽い興奮状態にあり、中にはあわよくばこの千載一遇の機会に魔法を修得してしまおうと懸命に呪文書を読み返す者の姿も見られた。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(下)』より引用
  • 御内原に入る千載一遇せんざいいちぐうの機会じゃったのに、逃したのか! 池上永一『テンペスト2 花風の巻』より引用
  • 次へ »