千載一遇

全て 名詞
244 の用例 (0.00 秒)
  • この千載一遇のチャンスに何としてでも武士として一花咲かせたかった。 野口武彦『忠臣蔵 ― 赤穂事件・史実の肉声』より引用
  • そうだとすれば、入社早々木原は千載一遇の機会にまみえたと言ってよい。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • しかし千載一遇せんざいいちぐうの良い訓練を受けることが出来たのであった。 中谷宇吉郎『寺田先生の追憶』より引用
  • 一国民がこのような総統を戴くのは、まさに千載一遇ともいうべきである。 五味川純平『御前会議』より引用
  • 源氏の君がここに住んでいられるなんて千載一遇せんざいいちぐうの好機なのだ。 田辺聖子『新源氏物語』より引用
  • 人間が徐々に殺されてゆく経過をこの眼で見るなどは、千載一遇の機会であらねばならぬ。 久生十蘭『黒い手帳』より引用
  • 千載一遇の好機を逸した事を残念に思い、夢魔にかれたようになった。 中山義秀『碑・テニヤンの末日』より引用
  • これを観察できる千載一遇の機会を無駄にしてしまう。 梅原克文『カムナビ(上)』より引用
  • しかしそれは彼の千ざいぐうであり彼のたましいを燃やすに足るものではあった。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • そのとき私は、これこそ天があたえた千載一遇の機会ではないかとおもいました。 森村誠一『棟居刑事の推理』より引用
  • お言葉中ながら、二十年目の千載一遇というのは理にあい申さぬ。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • とはいえ、彼は今を、この千載一遇の日を、大望のしょと思わずにいられない。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • そこに現れた自分という存在は、まさに千載一遇せんざいいちぐうのチャンスに思えるのかもしれない。 秋山瑞人『ミナミノミナミノ (電撃文庫)』より引用
  • 科学者たちにとっては、これは、まさに、「千載一遇」の大異変だった。 小松左京『日本沈没 a上巻』より引用
  • 千載一遇せんざいいちぐうの笑える一手に遭遇そうぐうしながら、ワシはそれを理解出来なかったのだ。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録・奮闘編03 名誉を越えた闘い』より引用
  • しかし千載一遇せんざいいちぐうのこういうチャンスを見のがすという手はないのだ。 高木彬光『妖術師』より引用
  • 犯人にとっては、千載一遇せんざいいちぐうのチャンスに見えただろう、と式部は思う。 小野不由美『黒祠の島』より引用
  • その意味で、前田軍を討つことは千載一遇の好機であると捉えていた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 日本が五百年の覇権を握る千載一遇のチャンスではありませんか。 池上永一『シャングリ・ラ 下』より引用
  • 異例のことであるが、それだけに鳥羽家にとっては千載一遇の機会である。 山田風太郎『忍者六道銭』より引用
  • 次へ »

千載一遇 の使われ方