千秋

全て 名詞
2,058 の用例 (0.02 秒)
  • 千秋はベッドを背にし、床に尻をつけたまま可能な限り後ずさりをした。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • 翌日の夜、十四歳の森千秋は、二階の自室で自殺体となって発見された。 山村美紗『殺意のまつり』より引用
  • 歩くのが好き、といい、あまり車を使わない千秋さんには珍しいことだ。 北村薫『覆面作家の愛の歌』より引用
  • 写真は高校時代のものか、制服姿の千秋が無表情にぼくを見つめてくる。 樋口有介『魔女』より引用
  • いや、不思議なのは千秋のアナルを買いにくる男たちなのかもしれない。 石田衣良『池袋ウエストゲートパーク』より引用
  • だから千秋は、ベッドの頭のところから離れることができないのだった。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • 千秋と同じような高校の制服姿で群れている女の子たちのグループ客もいる。 宮部みゆき『模倣犯 上』より引用
  • 会社に電話を一本入れて、千秋さんのところによって行くことにした。 北村薫『覆面作家の愛の歌』より引用
  • やがて現れた千秋さんは、花に合わせたような菫色のドレスを着ていた。 北村薫『覆面作家の愛の歌』より引用
  • その七人が殺されたのは、古川鞠子や日高千秋よりも先なのか後なのか? 宮部みゆき『模倣犯 下』より引用
  • 尾崎との関係を、たとえ酒の上とはいえ、千秋が君に話すのは不審しい。 樋口有介『魔女』より引用
  • 千秋の母親なら五十前後だろうが、それよりもだいぶ年季が入っている。 樋口有介『魔女』より引用
  • 他人に心を開かない千秋は、君のことを親友だと思っていたかも知れない。 樋口有介『魔女』より引用
  • 夜のくるのを千秋の思いで待ったことを、わたしは死ぬまで忘れないだろう。 バローズ『火星シリーズ07 火星の秘密兵器』より引用
  • その別格の八畳に案内しておいた千秋さんだが、戻ってみるといない。 北村薫『覆面作家は二人いる』より引用
  • 三人だけになると、すぐに千秋さんがテーブルに手をつき身を乗り出した。 北村薫『覆面作家は二人いる』より引用
  • オリエンテーリングの第一ポイントを説明するように、千秋さんにいう。 北村薫『覆面作家は二人いる』より引用
  • しばらく静かなのは、後部座席の千秋さんの様子を見ているのだろう。 北村薫『覆面作家の愛の歌』より引用
  • ぼくはアパートをななめに見あげる場所に立って、千秋の部屋を眺める。 樋口有介『魔女』より引用
  • 両隣の部屋に被害はみられないから、千秋の部屋だけ一瞬に燃えたらしい。 樋口有介『魔女』より引用
  • 次へ »