千社札

全て 名詞
50 の例文 (0.00 秒)
  • 千社札せんじやふだが幾つも貼られている門口の向こうに油障子の長屋が並んでいた。 ...
  • しかし、千社札においても神社の許可を得た上で貼り付けなければならない。 ...
  • 神社や寺などで見かけるミニ千社札は右之吉が考案したものである。 ...
  • それは天井の千社札ではない、本堂階段の降り口にあたる方角。
  • よくある千社札を四つがけにした大きさの、幅七寸二分縦五寸一分。 ...
  • 千社札が貼られた大きな門の前は、洛中洛外から集まってきた狸たちで混雑していた。 ...
  • 千社札のような木札が多く作られ、キーホルダーやストラップとして使う人も多い。 ...
  • また、千社札の剥がされにくい高さや貼り方などを最初に考案したのも孔平だという。 ...
  • しかしそれよりも当時流行していた千社札を得意としており、その意匠考案が優れていたことは、今日遺されている千社札の作品によって知られる。 ...
  • 江戸ではもう二百年近くも前から天愚孔平てんぐこうへいという人がやり出して、千社札せんしゃふだということがはじまった。 ...
  • 古めかしい千社札せんじゃふだが何枚か剥げ残っているだけである。 ...
  • シールによる千社札の普及が、古くからある千社札の伝統や決まりを乱していると批判の対象になっている。 ...
  • 木戸の横板には、長屋住人の商い屋号や名前入りの千社札せんじやふだが隙間なく貼り付けられている。 ...
  • その代わりにとばかりに、柱の上部やはりには新旧の千社札せんじゃふだがところせましと貼られている。 ...
  • 神社や仏閣に奉納した千社札は天井や壁に貼られてゆき、長い年月が経過して紙の空白部分が腐食すると墨の印刷された部分のみが残る。 ...
  • また、大正の頃には主に千社札の絵や役者絵を描いていた他、肉筆浮世絵や写真撮影所の背景画なども描いていた。 ...
  • この奇行が反響を呼び、千社札のブームが発生したという。 ...
  • 次へ