千百四十

17 の例文 (0.00 秒)
  • 明治三十九年に外国人八百五十二名、日本人千百四十名。 ...
  • 十二万四千百四十九平米、二千三百人が一度に入浴できたという。 ...
  • 三億二千百四十四万五千平方キロメートルもの陸地だ! ...
  • 前者は十六中会議区、七十三小会議区、一千百四十一住職を有し、後者は三十三小会議区、五百九十八住職を有す。 ...
  • しかし全体としては決して低い尾根で無いことは、最低の鞍部が二千百四十米を下らないことを見ても分る。 ...
  • 当時の女性の人口約三千万のうち、十五歳から三十五歳までの若い世代は約千百四十万人であるから、彼女らの年齢においては控え目に見ても七十六人に一人は売春に従っていたことになる。 ...
  • その最も多かった地方は娼家千百四十七軒を数える福岡県で二五・四パーセント、第二位が東京で九百二十九軒であった。 ...
  • 自分も陸地測量部の男体山なんたいさん図幅が出版されて、始めて「皇海山、二千百四十三米五」ということを知った。 ...
  • その要目は排水量一万五千百四十トン、全長百二十一・九メートル、幅二十三・二メートル、最高速力十八ノット、乗員は八百三十名。 ...
  • 伊賀一国の人口は、万治三年の調査では、七万五千八百五十人で、それから六十七年後の享保十二年には、八万九千四百七十五人、家数で一万九千百四十四軒である。 ...
  • だれかがグローブ座初演の時の記憶をたよりにこしらえた盗版で、現在のものよりはずっと少く、全体の行数は二千百四十三行しかない。
  • 三師団の兵力は七万五千百四十五人、七十五ミリ以上の火砲百六十八門、戦車約百五十台を用意したが、攻略部隊用の艦船四百九十五隻のほか、支援艦艇として旧式戦艦七隻、重巡四隻、駆逐艦十五隻、護衛空母十一隻が加わり、さらに大型空母十七隻を基幹とするマーク・ミッチャー中将指揮の第五十八機動部隊が参加した。 ...
  • 彼らの戦功の大きさをはかる尺度はないが、仮りに叙勲の質と量によって見れば、大統領感状七、殊勲十字章五十二、銀星章五百六十、銀星勲章千二百、名誉負傷青銅章二千八百、その他を合計して個人勲章計一万八千百四十三という栄誉に輝いている。 ...
  • また夏場の休日にはクンリ浜でのキャンプ、海水浴に多くのレジャー客、観光客が島を訪れるようになり、休日交通量は二千百四十一台で、平日の一・六倍となっている。 ...
  • リヴィングストン瀑布の上手では、海抜千百四十七フィート。 ...
  • 地球から約三千八百万光年のかなたにある乙女座星雲団の後退速度は、毎秒一千百四十キロメートルだし、距離、約一億八千万光年のペルセウス座星雲団の後退速度は毎秒五千四百三十キロメートルあまり。 ...