千登勢

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • あ、と谷津が小さな声をあげたのは、千登勢の美貌ぶりに気を取られたからではない。 ...
  • 呪文は千登勢以外が唱えても効き目がなく、千登勢は試合の度に心に付き合うことになる。 ...
  • かつてはいわた 千登勢名義で活動していた。 ...
  • 東口に出て千登勢橋ちとせばしへ登る途中でも止められた。 ...
  • 千登勢橋から右へまがり、椎名町しいなまちに抜け、豊島園としまえんのそばを左にまわって一時間半後には車をガレージに乗入れた。 ...
  • ママの峰尾千登勢の顔は見えなかった。 ...
  • その薬王院のところに鷲尾と、重そうな皮カバンを提げた秘書と、クラブのママ、峰尾千登勢までが一緒に入っていったということは、どういうことだろう。 ...
  • 峰尾千登勢をのせたプレジデントは、道玄坂をまっすぐ上りきり、大橋の交差点を左折すると、今度は南平台なんぺいだいの住宅街の中に入っていったのである。 ...
  • 心はメンタル面が弱く成績にムラがあったが、子どもの頃から大好きだった魔法少女アニメの呪文を千登勢に唱えてもらうと、4回転ジャンプも安定度が格段に増すようになった。 ...
  • 和服の方は、むろん、ママの峰尾千登勢である。 ...
  • 小さな出版社で健康雑誌の編集者として働く猪狩千登勢には、フィギュアスケート界のエース候補と呼ばれる幼なじみ・雉子波心がいる。 ...
  • 遠目ながら、あの和服のサマになった着こなし方と品のある美貌ぶりは、銀座のクラブ「舞姫」のママ、峰尾千登勢ではなかっただろうか。 ...
  • 千登勢屋は宮城県仙台市青葉区にある旅館。 ...
  • なお、1977年6月25日のシングル『ジン・ライム』B面の曲は「目白通り」、1979年10月25日発売のシングルは『千登勢橋』で、ともに川村学園のあった目白の街が登場する。 ...
  • 佐藤 千登勢は、日本の歴史学者。 ...