千歳

全て 名詞
1,495 の用例 (0.01 秒)
  • まず第一に、そのころ十四歳のわたしは千歳座のありかを知らなかった。 岡本綺堂『明治劇談 ランプの下にて』より引用
  • 事実、千歳の家では老父と姉妹の三人のほか家族として誰もいなかった。 岡本かの子『呼ばれし乙女』より引用
  • 北海道千歳市の伊達市との境界付近にあるフレ岳に源を発し西に流れる。
  • 現在では千歳川系統と呼ばれる千歳発電所群が苫小牧工場を支えている。
  • 千歳警察署は、北海道警察本部が管轄する札幌方面の警察署の一つである。
  • 梶原病院の発展は、千歳時代にその基礎を築いたということになります。 松本清張『黒の回廊』より引用
  • 通船の発着所は、一時は女鳥羽川の千歳橋付近に移されたこともあった。
  • 千歳の住宅は、民間借家で、そこは転勤族が多く住んでいる一画である。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • 国道337号は、北海道千歳市から北海道小樽市に至る一般国道である。
  • 千歳線の線路付け替えの時に当該区間であったこの駅は廃止となった。
  • 現在のところ最も古い遺跡は、千歳市祝梅三角山遺跡と考えられている。
  • 千歳村はかつて、大分県の南西部の大野郡の東北部に位置していた村である。
  • 函館本線を所属線としており、千歳線を加えた2路線が乗り入れている。
  • 千歳行きの次の便は、一二時一五分なので、これに乗ることにした。 西村京太郎『寝台特急「ゆうづる」の女』より引用
  • いま佳代子の信じたいのは千歳までの志賀の無事な飛行だけであった。 城山三郎『逃亡者』より引用
  • だから、千歳役も、田楽の猿楽では、女千歳であつた事があるのでせう。 折口信夫『翁の発生』より引用
  • なお、当時対岸だった新千歳町は、町の大半が内港の中に沈んでいる。
  • 室蘭本線を所属線としており、千歳線を加えた2路線が乗り入れている。
  • だけど、五年が七年になるのはいいけれど、一生を千歳で過ごすのは困る。 沖藤典子『転勤族の妻たち』より引用
  • なお、現在の千歳線などを建設した北海道鉄道は、別の会社である。
  • 次へ »