千春

全て 名詞
1,184 の用例 (0.02 秒)
  • 千春が呼び、るいは去って行った男に心を残しながら娘のほうへ戻った。 平岩弓枝『御宿かわせみ 31 江戸の精霊流し』より引用
  • 千春の声が聞えて、るいはいつもの母親の顔に戻って風鈴の傍を離れた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 33 小判商人』より引用
  • ほんの偶然かも知れないが、見ていた千春には印象の強い場面だった。 五味康祐『薄桜記』より引用
  • 夫婦の部屋では蚊帳かやを吊った奥の間で千春が大の字になって眠っている。 平岩弓枝『御宿かわせみ 30 鬼女の花摘み』より引用
  • まず千春の料理のうでしたき、二人のたのしげな様子に当てられっ放し。 赤川次郎『忘れられた花嫁』より引用
  • お吉と近所へ買い物に行っていた千春が戻って来た声で長助は腰を上げた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 30 鬼女の花摘み』より引用
  • お吉が逃げ出し、それまで黙って眺めていた千春が愛らしい声でいった。 平岩弓枝『御宿かわせみ 31 江戸の精霊流し』より引用
  • なにもすることがないのは、自分と一歳半になる長女の千春だけであった。 吉村昭『一家の主』より引用
  • 千春は女の身で、松の廊下のあの刃傷にんじようについても詳しい経緯は分らない。 五味康祐『薄桜記』より引用
  • お吉と遊んでいた千春が、ととさま、かかさまと呼びながら走って来た。 平岩弓枝『御宿かわせみ 26 長助の女房』より引用
  • 刃牙の力を確認するため、柴千春に指示を出して喧嘩を売りに行かせる。
  • それはともかく、女である千春が、どうしてこんな所へ来ているんだろう? 赤川次郎『忘れられた花嫁』より引用
  • まともな答えを期待できないのがわかっていたけれど、千春は呼びかけた。 吉村達也『ケータイ』より引用
  • 血が沢山飛び散っておりましたし、私の服や手にも千春の血がつきました。 森博嗣『X 01 イナイ×イナイ (講談社ノベルス)』より引用
  • 舟から下りた所には、東吾が千春を抱き、お吉と共に迎えに出ていた。 平岩弓枝『御宿かわせみ 24 春の高瀬舟』より引用
  • 千春はそれとなく姿を消し、ふたたび客の前へは現われて来なかった。 五味康祐『薄桜記』より引用
  • 自分を意識してに違いないと思うと、千春への可愛かわいさが急に増した。 泡坂妻夫『蔭桔梗』より引用
  • 千春がすでに結婚していることを、話すべきだろうか、とまよったのである。 赤川次郎『忘れられた花嫁』より引用
  • 千春がもたれていた壁が、今、三人が通り抜けてきた出入口だったのだ。 森博嗣『X 01 イナイ×イナイ (講談社ノベルス)』より引用
  • 千春の声がして、顔中汗だらけの長助がお石と千春を先に立てて帰って来た。 平岩弓枝『御宿かわせみ 31 江戸の精霊流し』より引用
  • 次へ »