千恵蔵プロダクション

68 の用例 (0.00 秒)
  • 片岡千恵蔵プロダクションは、かつて京都に存在した映画会社である。
  • 主演は本作を製作した片岡千恵蔵プロダクションを主宰する片岡千恵蔵である。
  • 片岡千恵蔵プロダクションの脚本部に在籍したのは1936年までであり、日活京都撮影所脚本係には1937年に正式に移籍したという記録がある。
  • 片岡千恵蔵プロダクションの設立第1作であり、稲垣浩の監督デビュー作である。
  • 本作は、片岡千恵蔵が代表を務める片岡千恵蔵プロダクションが製作、嵯峨野の自社撮影所でセット撮影が行われた。
  • 本作の興行的ヒットと批評界における高評価は、剣戟スターとしての片岡千恵蔵、および彼の製作会社である片岡千恵蔵プロダクションのその後の作品傾向を、「明るい時代劇」に方向づけることになった。
  • 片岡千恵蔵プロダクションの美術で働いた平松智恵吉、日活で美術を担当した角井嘉一郎も、かつては都をどりの背景を描いた人たちだった。
  • 「千恵蔵プロダクション撮影所」は、嵯峨野三条通沿いの材木店の、製材場の一部約五百坪ほどの土地を借りたのに始まる。
  • 第二次月形プロダクションにおいて、俳優高田篤は松竹下加茂撮影所から同社に移籍し、設立に参加したが解散後は片岡千恵蔵プロダクションに移籍した。
  • 片岡千恵蔵プロダクションを支える重要な脇役俳優として知られたが、若くして引退・病没した。
  • 同作の助監督であった管家紅葉によれば、マキノ入社以前に片岡千恵蔵プロダクションにいたが、作品にクレジットされる前に退社し、マキノに移籍したという。
  • 同年、片岡千恵蔵プロダクションが製作した『女殺油地獄』に出演、同年7月31日に公開されたが、同作の澤の評価は高かった。
  • 同作は、片岡千恵蔵プロダクション独立1周年記念作品であり、日活との配給提携第1回作品として製作されたものである。
  • 第二次世界大戦以前、京都の嵯峨野に存在した俳優片岡千恵蔵のハウスプロダクションである片岡千恵蔵プロダクションに入社し、演出部に所属する。
  • また、片岡千恵蔵プロダクションで『堀田隼人』を監督・脚本する。
  • 同年5月8日に公開された押本七之輔監督の『逢はずの四郎蔵』に出演したのを最後に新興キネマを退社、東京に戻って「久松 三津江」の名で大都映画で舞台実演等をしていたが、京都にまた戻り、片岡千恵蔵プロダクション、松竹太秦撮影所等の映画にフリーランス的に出演していた時期が半年ほどあった。
  • 同撮影所は、片岡が設立した「片岡千恵蔵プロダクション」をはじめとしたインディペンデント・プロダクションの集合体「日本映画プロダクション連盟」のための撮影所となり、スタッフ・キャストを共有し、協力して映画製作を行なった。
  • 片岡千恵蔵の片岡千恵蔵プロダクション、市川右太衛門の市川右太衛門プロダクションで数本ずつ出演したのちに、1934年夏に日活京都撮影所に入社する。
  • 当時、日活と配給提携をしていた片岡千恵蔵プロダクションの作品にも出演しており、1930年8月28日に公開された『恋車 前篇』では、淀君を演じた。
  • 幼少のころはサイレント映画の時代で、映画好きになり、やがて片岡千恵蔵が主宰した片岡千恵蔵プロダクションが嵯峨野にもっていた「千恵蔵プロダクション撮影所」等に出入りするようになる。
  • 次へ »

千恵蔵プロダクション の使われ方