千恵

全て 名詞
1,198 の用例 (0.01 秒)
  • 片岡千恵蔵の十八番とも呼ばれる戦後の代表作シリーズの一つになった。
  • 多分その千恵蔵氏を残念ながら誰かに返す時間が来ていたのであろう。 海野十三『柿色の紙風船』より引用
  • 気がつくとHさんが五六段うへに立つて、千恵を見て笑つてゐました。 神西清『死児変相』より引用
  • 一方服部千恵のほうもまだ尋問にたえうるまでには回復していなかった。 横溝正史『夜の黒豹』より引用
  • 私は、千恵にこのことを知らせてやろうと急いでマンションへ入って行った。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 千恵はしだいにこつちまで頭が変になつてくるやうな気がしました。 神西清『死児変相』より引用
  • 千恵蔵や右太衛門がまだ絶大なる力を持っている時代で困難を極めた。
  • 千恵にはもうこれ以上なんの御報告すべきこともございません。 神西清『死児変相』より引用
  • 何しろ、自慢するだけあって、千恵の料理の腕は相当のものだったのだ。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 千恵と修三のもとへ知らせがもたらされたのは、その翌日の午後であった。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • 竹沢千恵が、集会の会場になっている、生徒会ホールの前に立っている。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 千恵がはじめて姉さまの姿を見かけた時も、やはりそのままの二人連れでした。 神西清『死児変相』より引用
  • 千恵のあとを追おうとして急いだことが彼女を急速に疲労させたのであった。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • ふと千恵は何か白いものの気配を目の端に感じて、その方をふり向きました。 神西清『死児変相』より引用
  • 吹雪の中を寄りそうようにして降りて行く二人の姿を認めたとき千恵はほっとした。 新田次郎『昭和新山』より引用
  • そのほかに、彼女の千絵の名前の漢字表記が「千恵」に変更されている。
  • 会長に立っている私より、千恵の方が、よほどよく考えているのだ。 赤川次郎『アンバランスな放課後』より引用
  • 母の千恵は、お見合い写真を収めた第二のアルバムを娘に差し出した。 吉村達也『お見合い』より引用
  • そんな物音が夜の深さをしんしんと感じさせたのを千恵はよく覚えてをります。 神西清『死児変相』より引用
  • さて、ふたりの友人を送り出したあと千恵と朱之助が食事をとった。 横溝正史『夜の黒豹』より引用
  • 次へ »

千恵 で始まる単語