千差万別

全て 名詞
436 の用例 (0.01 秒)
  • その唄と踊りの千差万別なることは名状すべくもありません。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • 流派では経験した戦闘にあわせて、千差万別の技能への成長していくスタイルがとられている。
  • 彼らが明らかにしたように、女の体は千差万別だ。 竹内久美子『あなたの知らない精子競争 BCな世界へようこそ』より引用
  • ブレイン・バースト・プログラムが自動生成するアバターは千差万別せんさばんべつだ。 川原礫『アクセル・ワールド 12 -赤の紋章-』より引用
  • 国はそれぞれまったく異なった文化や文明を持っており、社会体制や技術レベル、国民の価値観など千差万別である。
  • 映画を見にくる観客は年齢、IQ、職業、環境など、千差万別である。 清水俊二『映画字幕の作り方教えます』より引用
  • そして芸術の評価は、芸術と関係の少ない、千差万別の尺度をもつて行はれねばならないことになる。 平林初之輔『政治的価値と芸術的価値』より引用
  • 海軍の組織は時代や国、戦略によって千差万別であるが、現代の西欧諸国の海軍を例に説明する。
  • 人の価値観というのは千差万別だからな。 奈須きのこ『歌月十夜 55 ひみつのおたから』より引用
  • 彼がもつと引つ込み主義の画家であれば、さういふ批評の千差万別といふものは生じないのである。 小熊秀雄『小熊秀雄全集-19』より引用
  • リングマーケットは、千差万別で抵抗できないほど美しい芸術作品の交換センターだった。 ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』より引用
  • それで同じく梅の木といっても、枝ぶりは千差万別である。 中谷宇吉郎『茶碗の曲線』より引用
  • その効果は千差万別で、中にはコンピュータに深刻な不具合をもたらすものもある。
  • 独立系事業者については、品質面や技術面は千差万別で差が激しく特定の顧客を持たないことが多い。
  • 医者が処方したものなら別として、売薬の場合は効き目も千差万別ですからね。 楡周平『フェイク』より引用
  • おれは庭に降りて歩きながら、自分がきっと経験するにきまっている千差万別の奇遇の事を想像した。 森鴎外訳『諸国物語(上)』より引用
  • 効果は千差万別で攻撃だけには限らず、回復やステータスアップなどの効果を持つ物もある。
  • 例えば臍の形が千差万別であることはかなり確かだから、人類は顔のかわりに臍を出して歩くようになっただろうと思われる。 養老孟司『ヒトの見方』より引用
  • 形状は締め方はその女性が属する女系によって千差万別である。
  • つまり、運命は人によって千差万別であり、どの道をどのように歩いていくかは、個人の意志や努力で自由に変えられるものなのです。 高尾学館『天中殺占い』より引用
  • 次へ »

千差万別 の使われ方