千尋

全て 名詞
1,061 の用例 (0.01 秒)
  • 千尋が亡くなって以降は、成歩堂法律事務所で成歩堂の助手として働く。
  • 一人がぐったりとしたままの千尋の顎を持って、口を大きく開けさせた。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 千尋にしても、兄の山道具をすべて把握しているわけではないであろう。 森村誠一『棟居刑事 悪の山』より引用
  • 千尋の中に入った時には、すでに弥生は、ほとんどの記憶を失っていた。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 千尋が感じている孤独と疎外感は、彼女にも覚えがあるものだったのだ。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 死んでも、家族が悲しむだけだよと千尋を説得させ、自殺を止めさせた。
  • これには前年にヒットした映画「千と千尋の神隠し」の影響が見られる。
  • それ以上自分の姿を見ているのが辛かったので、千尋は手術室の外に出た。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 千尋は、彼女にとっては、拡張された自己であり、また母親でもあった。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 棟居から聞いた氏名千尋の兄の遭難した現場に関心を持ったのである。 森村誠一『棟居刑事 悪の山』より引用
  • だが、それを説明するには、五歳の千尋の語彙と構文力では無理だった。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • わたしも千尋さんのことで、よく辞書を見るようになって驚いたんだけど。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 千尋は、顔を上げて言ったが、まだ頭痛がするように顔をしかめている。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 七千尋のところで、海底から屹立している幾つかの黒い山の頂が見えた。 ヴェルヌ/村上啓夫訳『海底二万リーグ(下)』より引用
  • そのたびに千尋の小さな体は台の上で人形のようにがくがくと踊った。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 千と千尋の神隠しの金熊賞など多くの日本の作品も様々な賞を受賞している。
  • 彼女の意識の中に天啓のように閃いたのは、森谷千尋という名前だった。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • だが、ある日、千尋が学校に行って帰ってくると、すべて捨てられていた。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • ひょっとすると、一枚目の絵は、千尋以外の人物が描いたのだろうか? 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • さっきまで怯えて泣き出しそうになっていた千尋の表情は、一変していた。 貴志祐介『十三番目の人格 ISOLA』より引用
  • 次へ »