千字文

全て 名詞
112 の例文 (0.00 秒)
  • この歌は、百済から千字文をもたらしたと伝えられる王仁の歌とされる。 ...
  • また、書道の手本用の文章に使われ、歴代の能書家が千字文を書いている。 ...
  • 千字文が朝鮮半島へ入った年代は特定することができない。 ...
  • 七 廣く行われている周興嗣次韵の千字文はまだ出來ていなかつた。 ...
  • この頃に論語と千字文、すなわち儒教と漢字が伝わったと言われる。 ...
  • 王仁が伝えたとされる千字文が、王仁の時代には成立していないことなど史料解釈上実在を疑問視する説も多数存在する。 ...
  • このあめつちの詞は『千字文』を意識して作られたともいう。 ...
  • 中国の代表的な漢姓を羅列してあるだけの内容だが、三字経・千字文と同様に韻文の形式で書かれている。 ...
  • 王仁は論語と千字文という中国の書物をもってきたのであり、当時の朝鮮半島の「文化」を伝えたとはどこにも書かれていない。 ...
  • 三字経は、百家姓・千字文とならぶ、伝統的な中国の初学者用の学習書である。
  • この論語と千字文の貢進がそれぞれ儒教と漢字の伝来とされている。
  • 周興嗣は、皇帝の命を受けて一夜で千字文を考え、皇帝に進上したときには白髪になっていたという伝説がある。 ...
  • 鉄太郎は、師一亭から与えられた千字文を、六十三枚の紙に、書きとった。 ...
  • 後の『蒼頡篇』や『千字文』などと同様に、韻文形式であったとは想像できる。
  • 南北朝時代には注釈付本が出版され、天正二年には習字のための「四体千字文」も刊行された。 ...
  • 私達は競争で大文字の千字文から、しまひには手に余るやうな太い筆を持つて旗や幟の字まで書いたりした。 ...
  • 教科書としてはまず『千字文』、次に『童蒙先習』などが用いられた。 ...
  • 次へ