千光年

63 の用例 (0.00 秒)
  • どの方向をとって見ても、もっとも近い星までの距離は、一千光年もあった。 ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』より引用
  • 一ケ月後にはこの三人はそれぞれ数千光年をへだてた場所にいるはずであった。 田中芳樹『銀河英雄伝説 07 怒濤編』より引用
  • 宇宙の深淵をこえ、一万数千光年の征旅をなしてきたのは何のためだ。 田中芳樹『銀河英雄伝説 05 風雲篇』より引用
  • かれの心はあらゆる現世の事物から何千光年も遠くへ飛んでいってしまっている。 ロッデンベリイ『スター・トレック2/カーンの逆襲』より引用
  • 一光年行くのも千光年行くのも安全性に何の変わりもない。 E・E・スミス/川口正吉訳『宇宙のスカイラーク』より引用
  • 彼らのまわり、数千光年の範囲はまったくのくうくうである。 E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • マルメロ星は地球より一万四千光年離れた二連惑星である。
  • そのエネルギーを生み出すには千光年もの直径の粒子加速機が必要になる。 池上永一『レキオス』より引用
  • だが、その土くれの下には、何千光年もの距離をわざわざ渡って見に来るほどのものはなにもなかった。 アダムス/風見潤訳『銀河ヒッチハイクガイド』より引用
  • 厚さは中心部で約一万五千光年であり、われわれの太陽の位置はその中心から三万光年ほど離れたところにある。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • 超能力者を多数輩出する星で、その勢力圏は半径一千光年を誇る。
  • それでもアルコン人は、地球から三万四千光年のところで大星間帝国を治めていた。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『09 死にゆく太陽の惑星』より引用
  • いくら時代が時代だったからといっても、あの29万6千光年はあまりにも過酷だったのだ。 亜瑠『愛と青春のドタバタ』より引用
  • 地球からおなじみの星座をながめるのと、一万一千光年はなれた惑星から見るのとは大ちがいなのだ。 K・H・シェール『宇宙船ピュルスの人々』より引用
  • 一隻の宇宙船を一回の超空間ジャンプで一万八千光年先の星系に運べる動力を計算しようと努めた。 K・H・シェール『宇宙船ピュルスの人々』より引用
  • それなのに、二人の感情は、まるで千光年も離れているかのように、少しの共鳴もしていない。 柴田よしき『Close to You』より引用
  • その結果、ヴェガから三万六千光年はなれてしまったわけさ。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『09 死にゆく太陽の惑星』より引用
  • まず不死の星を発見した後に、地球から三万四千光年へだたったアルコンへ飛ぶという協定を。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『09 死にゆく太陽の惑星』より引用
  • それにしても、かれがアルコン人で、地球を去ること三万四千光年の星系から来たのだ、とわかる人間はいないだろう。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『08 銀河の時空を抜けて』より引用
  • ピュルスが完全な自動操縦船として一万八千光年かなたの目標に突入するように建造されたのなら、超一流の装置があるはずだ。 K・H・シェール『宇宙船ピュルスの人々』より引用
  • 次へ »