千住製絨所

全て 名詞
16 の例文 (0.00 秒)
  • こうして千住製絨所は中国東北部などの寒地で戦った日本兵の健康を守ったのである。 ...
  • 千住製絨所は官営の毛織物工場で、明治31年に陸軍の管轄となる。 ...
  • 千住製絨所は羅紗製軍服の製造を担い、戦中は非常態勢がとられた。 ...
  • 千住製絨所長を経て、米沢高等工業、桐生高等染織学校の初代校長を歴任。 ...
  • 明治8年、帰国した井上は、明治13年、東京に千住製絨所という日本人の手による初の工場を作り上げた。 ...
  • 千住製絨所は、かつて東京都荒川区南千住にあった官営の工場。 ...
  • 明治23年に技師へ昇格し、千住製絨所の技術革新に努めつつ、東京帝大や東京高等工業で講師を務めた。 ...
  • なお、1880年には、官営千住製絨所が操業を開始し、国産の羅紗地が用いられるようになった。 ...
  • また、1879年官営千住製絨所が南千住側に創設された。 ...
  • ただ、生産された羊毛を買い上げるのは軍用の千住製絨所に限られ、品質で劣る日本産羊毛の販売価格は低く、羊肉需要がないこともあって、経営的には成功しなかった。 ...
  • 同年中に被服製造技術を学ぶためドイツに派遣されていた旧長州藩士・井上省三の帰朝をもって1879年9月27日、東京・南千住にあった、ただ葦が茂り人家がぽつりとあるだけの広い荒地に千住製絨所が完成、操業を開始した。 ...
  • その後再渡欧し、明治11年にシレジア州ジャガンの染色職人の娘と結婚して帰国、千住製絨所の所長に就任した。
  • また水利の好条件を生かし、官営千住製絨所・隅田川駅・千住火力発電所などが置かれ、もって舟便のよいことが近在農村に広く知られるようになり、昭和20年代まで青物、川魚の朝市が毎朝のように開かれた。
  • 同年6月、千住製絨所に傭として就職した。 ...
  • 千住製絨所長心得を経て、昭和11年8月、陸軍主計監に進級し千住製絨所長に就任。 ...