千二百ポンド

17 の例文 (0.00 秒)
  • ほとんど信じられない話なんですが、これが千二百ポンドという馬鹿みたいな金額で全部かたがついたんですからね。 ...
  • ほとんど信じがたい話ですが、わずか千二百ポンドという金があれば、あんなことにはならなかったのです。 ...
  • それに対しては、去年は千二百ポンドになりましたよ! ...
  • こうした発見は夫人の買った宝石のうちの千二百ポンドほどの分に相当しており、これを売って彼女は千九十ポンド受け取っていたから、取引上の損はわずか九パーセントにすぎない。 ...
  • たとえば、このバストーは肩のところで優に二メートルの高さがあり、千二百ポンドかそれ以上の重さがあるのだ。 ...
  • 一年間の予算二千二百ポンドを要求したのに、二千ポンド弱しか送金してこないので再び苦情を述べている手紙も残っている。 ...
  • この奉仕の報酬として、フランシス・ベエコンは女王から千二百ポンド頂戴した。 ...
  • そして、その千二百ポンドもの体重が、バストーをもっとも恐るべき猛獣にしていると判断した。 ...
  • 彼が明治三十七年二月から約二年にわたって行ったパブリシティー戦略に使用した金額は、英貨七千二百ポンドと邦貨二万円と推定されている。 ...
  • 一八八六年に、ショーが本部に送った手紙には、「一八八八年度分のご下賜かし金、二千二百ポンドを要求する」という趣旨が書かれている。 ...
  • 千二百ポンド、千五百ポンド、千八百ポンド、ついに二千ポンド! ...
  • そのくせ、かれは一年に千二百ポンドという所得税を支払い、何千ポンドという株や財産を持っているのです。 ...
  • ファークァー老もそんなことからしだいに患者をなくして、ひところは年に千二百ポンドもあった収入が、私の買ったころには三百ポンドあまりに落ちてしまった。 ...
  • ピュウおやじなんざ、目が見えなくなって、国会議員のお殿様みてえに年に千二百ポンドも金をつかって、みっともねえ話よ。 ...
  • かくて、この老医師が病弱になってから、しだいに家業は傾き、私が買ったときは、年に千二百ポンドあった収入が、三百ポンド少々になってしまっていた。 ...
  • パダンからヨット・ヴァン・トッホ船長は、アムステルダムの本社あてに、千二百ポンドの保険をかけた小包を送った。 ...