十歩ほど歩い

17 の例文 (0.00 秒)
  • 彼女は歩き出したが、五十歩ほど歩いてから、もう一度振りかえって兄のほうを見た。 ...
  • だが犬牙は数十歩ほど歩いて少し立ち止まるだけで迷わずに昨日の場所に案内した。 ...
  • 椎葉は十歩ほど歩いて段差の部分に腰をおろし、美亜に手招きをする。 ...
  • 人足たちは二十歩ほど歩いてから立ち止まり、担架を地面に置いた。 ...
  • 十歩ほど歩いたと思うと、再び彼はそこにじっとしている木谷のところにひきかえしてきて言葉を直したのだ。 ...
  • こうして二十歩ほど歩いてから、尼僧はいった。 ...
  • 加藤は十歩ほど歩いてふりかえった。 ...
  • 十歩ほど歩いて、振り向くと塚田一刀司は砂利の上に倒れていた。 ...
  • 三十歩ほど歩いたとき、次第に強くなってきた仔山羊の臭いで、あの焚火の前を通っていることがわかった。 ...
  • そして、五十歩ほど歩いたところで、また、ソーニャの歩いている側に移って彼女に追いつき、五歩ばかり距離をおいてあとをつけて来た。 ...
  • 事実、むしゃくしゃしながら二十歩ほど歩いた。 ...
  • 五十歩ほど歩いて、ケヤキに寄りかかっている夕子と向かい合う。 ...
  • 彼は二十コペイカ銀貨を握りしめて、十歩ほど歩いてから、ネワ川の、宮殿の見える方向に顔を向けた。 ...
  • 「一つしかない命だ、去れ」 弥介の言葉に浪人二人は釣られて頷き、気が抜けたように背を向けて歩き出し、十歩ほど歩いて、おのれの恐怖に気付いたように走り出していた。 ...
  • 十歩ほど歩いて、一弥が振り向いた。 ...
  • 長屋にもどって寝るしかない、そう思って、十歩ほど歩いたところで、 「小田丸弥介か」 と背後から声をかけられたとたん、背中にすさまじい殺気を浴びた。 ...