十四万台

17 の例文 (0.00 秒)
  • 国内は百二十四万台だから、生産面で初めて国内と海外の比率が逆転する。 ...
  • 当時GM車の年間生産台数は乗用車、トラック合わせて六百四十四万台。 ...
  • そこにもまた六十四万台の超並列スーパーコンピューターが設置されている。 ...
  • さらに一日約一時間残業をすれば、百四十四万台まで生産できる。 ...
  • そして三年には八十四万台となった。 ...
  • この二社が東西の両横綱で、大きく遅れて七十四万台のマツダと五十六万台の三菱自動車が三位グループを形成していた。 ...
  • それでは百四十四万台をどう割り振るか。 ...
  • 砂漠の地下に眠るコンピューターの数は実に六十四万台、まさに圧巻の光景であった。 ...
  • 新しいラインの生産能力は二交替制で日産千台、年産二十四万台。 ...
  • 業界三位グループの中ではマツダがいち早く七十万台を確立、四十八年と四十九年には七十四万台を生産した実績を持っている。 ...
  • 年産二十四万台の能力を持つ鈴鹿第三ラインは平成元年の夏、同じく十五万台のオハイオ第二工場はその年の十二月に完成した。 ...
  • この間、仮想敵国というべき日産は、百十四万台から百十万台と減少、トヨタは百五十一万台から百五十九万台へ微増したにすぎない。 ...
  • 七六年には十一万台だったVHSの生産は七七年に三十三万台とやや足踏みしたものの、七九年には百三十四万台、そして八三年には、千四百三十四万台と飛躍的に伸び、ポスト・カラーテレビの本命商品として離陸し始めた。 ...
  • 六十三年のオールホンダの販売実績は、国内六十一万台、北米八十五万台、欧州十四万台、その他発展途上国十一万台の合計百七十一万台。 ...
  • ただしマツダは生産能力はあるが、第一次石油危機以降、国内販売、輸出とも極端な不振にあえぎ、五十年には六十四万台まで落ち込んでしまった。 ...
  • 八月六日に最大手のトヨタが運輸省に対し、小型乗用車のカローラ、パブリカ、コロナ、マークの四車種、計八十四万台についてアクセルとブレーキに欠陥があるとしてリコールを届け出た。 ...