十勝

全て 名詞
1,204 の用例 (0.02 秒)
  • 十勝地方の基幹産業である農業関連の記事が多いことも大きな特徴である。
  • この頃に父は病院を一時閉鎖し、北海道十勝国中川郡で農場を経営する。
  • 札幌でもその後時々見られたが、特に十勝岳においては再々観測された。 中谷宇吉郎『雪』より引用
  • 過去に十勝沖地震と命名された地震や、八戸沖地震と呼ばれるものも含む。
  • 江戸時代の十勝郡域は、松前藩によって開かれたトカチ場所に含まれた。
  • この頃、東京にも十勝ワインと牛肉のレストランを開設し話題を呼んだ。
  • 五百頭の馬は牧夫たちによって、翌日さっそく集められ十勝川を渡った。 上西晴治『十勝平野(上)』より引用
  • 帯広を含む十勝の農業は大型農業機械による大規模畑作経営が中心である。
  • 帯広乗合自動車を分割する形で設立されたが、後に十勝バスへ合併された。
  • やがて1910年頃より十勝川沿いに旅館が建ち、温泉街が形成された。
  • 眼下に十勝川が見えてくると、彼はそこから右に折れて山に入った。 上西晴治『十勝平野(下)』より引用
  • 名前の由来は、旧地名で石狩国・十勝国・北見国境界付近にあることから。
  • 十勝機動警察隊は、北海道警察・釧路方面本部が設置している執行隊である。
  • この現象による交通事故は別名、十勝型事故、田園型事故とも呼ばれる。
  • また、十勝で唯一建設運用された殖民軌道居辺線も同様に廃止されている。
  • かつては東京港との間に旅客航路があり、末期は十勝港にも寄港していた。
  • 路線名は旧国名である日高と十勝を結ぶことからの命名である。
  • 北海道上川郡新得町の北西に位置する十勝岳近くに源を発し南東に流れる。
  • かつて、十勝から日高まで行くためには国道336号を通る必要があった。
  • 暗い雲が垂れこめ、雨にけぶる視界の中に、十勝岳は全く見えなかった。 三浦綾子『続泥流地帯 草のうた』より引用
  • 次へ »