十勇士

90 の用例 (0.00 秒)
  • 十勇士達の持つ固有の得意技を使いながら、各地のイベントを進めていく。
  • 真田十勇士では猿飛佐助に次いで人気があり、主役を務めることもある。
  • また、十勇士が活躍していた当時の資料にその名が確認でき、存在の可能性を否定できない人物もいる。
  • 十勇士の海野六郎のモデルとしては、他に海野小平太の名も上がっている。
  • この書は、幸盛の母である更科姫と、尼子十勇士による活躍を描いた物語である。
  • 今日の真田十勇士という枠組みは、ここに起源を持っている。
  • 映画俳優、三段目以上の角力すもう、真田十勇士、なんでも知つてゐる。 坂口安吾『大井広介といふ男』より引用
  • しかしながら、幸盛が活躍していた当時の史料には「尼子十勇士」の名称は見られない。
  • 十人組のキャラクターであったり、真田十勇士の名称や故事・設定などを引用しているもの。
  • 立川文庫などで人気の真田十勇士モノであるが、史実や従来の型を超えた展開となっている。
  • 後に生まれる真田十勇士の内、猿飛佐助と望月六郎を除いた八勇士が登場する。
  • その中には、世にいわゆる真田十勇士と呼ばれためんめんも混っていたにちがいない。 山田風太郎『叛旗兵』より引用
  • 真田十勇士に入る前の佐助を主人公に展開する。
  • 尼子十勇士に出てくる秋宅庵助のモデルとされる。
  • このしぶとさと処世術からか、真田十勇士の1人・三好伊三入道のモデルとされている。
  • そのため、この時代に「尼子十勇士」という名称が一般的に通用するものであったことが分かる。
  • 尼子十勇士の構成員は、山中幸盛を除けば不定であり、時代によっても異なる。
  • コミックス刊行と同時期に放送されていた、NHK人形劇『真田十勇士』とは原作を同じくするが、展開には相違点がある。
  • 十勇士の存在がいつ頃から信じられえていたか定かでないが、史料に初めて出てくるのは、延宝5年に発行された『後太平記』である。
  • 小国ではあるが、六文十勇士という忍者部隊がいる。
  • 次へ »

十勇士 の使われ方