十六万九千

17 の例文 (0.00 秒)
  • 三十六万九千五百匹の河童たちはそのために健気けなげにも戦死しました。 ...
  • 三十六万九千五百匹の河童たちはその為に健気にも戦死しました。 ...
  • 市内および市外を合わせて、口数十六万九千六百四十四人という。 ...
  • 秀就の方は二十歳の若さながら、防長三十六万九千石の当主である。 ...
  • ペーパーバック版は翌年の七一年にでて、一九八三年現在すでに八十六万九千部はけている。 ...
  • 桜田藩邸は、一万七千坪の広大な敷地を持ち、三十六万九千石の西国大名らしい格式を誇っていた。 ...
  • 毛利家は中国九ケ国、百二十万石から長門、周防の二カ国三十六万九千石の外様大名に移封された。 ...
  • やはり西南雄藩のひとつとして、ペリー来航いらいにわかに脚光を浴びている三十六万九千石の長州で、活躍の舞台が与えられるものならそのほうに生甲斐を感じるのだ。 ...
  • その敷地面積が総計千七十六万九千坪、建物床面積約七十万四千坪、機械台数三万七百三十五台、収容人員総数は約二十六万人という世界一の大飛行機メーカーに発展して終戦を迎えた。 ...
  • 大和町は、長門ながとの国はぎ三十六万九千石・松平家の広大な下屋敷と堀川をへだてて西側にあたる。 ...
  • 「築造に投入した人数は、二十六万九千二百余『太田水責記』とも、四十六万九千二百余『紀伊属風土記』ともいうが、延べ人数であるにしても当時の人口を考えれば誇大にすぎるだろう」と工事に投入された人数の多さにも疑問が投げかけている。 ...
  • その決定というのは、長州藩の石高三十六万九千石から十万石を削り、藩主父子は蟄居、福原・益田・国司の三家老の家は断絶せしむべしというのだった。 ...
  • 西軍加担の大名らがあるいは斬罪、あるいは封地没収、あるいは封地削減と、それぞれの処罰を受け、毛利家など百二三十万石から三十六万九千石にされるという大削減を受けているのに、一合も減らされていない。 ...
  • 安芸あき因幡いなば出雲いずもをはじめ十ヵ国百二十万余石、すべて安堵あんどするとのお約束、大御所さまはにわかに反故ほごにし、わが毛利家をわずか防長三十六万九千石におはずりなされたのではございませんか。
  • 日本海にそそぐ阿武川の支流橋本川と松本川がつくるデルタの上に載せた三十六万九千石の城下町が、さみだれに煙る梅雨の季節である。 ...
  • 目標はとりあえず「都内大学と主要駅周辺の歩道」とし、国道二十六万九千平方メートル、都道八十三万三千平方メートル、区道二十七万九千平方メートルのコンクリート平板敷石をアスファルト舗装に替えることとなった。 ...