十八万台

17 の例文 (0.00 秒)
  • この間、乗用車は七十万台から三百十八万台へ四・五倍も増加している。 ...
  • 五十年には二十五万台だった対米輸出は、五年後に五十八万台に急増した。 ...
  • 昭和三十五年、十六万台だった日本の乗用車生産は、その後十年間で三百十八万台に。 ...
  • ガット八条国に移行した昭和三十五年の生産台数は乗用車とトラックを合わせてわずか四十八万台。 ...
  • 四十五年には千七百五十八万台だった保有台数は、五十年に二千八百万台に伸び、これが五十五年には三千七百八十六万台となった。 ...
  • 乗用車の対米輸出枠は、二年目も三年目も結局見直されることなく、百六十八万台のまま継続された。 ...
  • それが、十年後である昭和四十五年、アメリカ車生産七百十一万台に対し、日本は三百十八万台と追いすがっていた。 ...
  • 日米自動車問題は五月に入って、日本政府が米国政府に寄り切られる形で、乗用車の輸出を前年の百八十二万台から百六十八万台に減らすことで決着した。 ...
  • 四十三年末の保有台数は千二百四十八万台だから、すでに回収・修理したものを含めると、五台に一台が欠陥車、十台に一台は依然として危険が予想された。 ...
  • ホンダの年産は六十八万台、売り上げ四十六億四千六百万ドル、従業員三万三千人。 ...
  • 自動車はいつしか政治問題と化し、日米政府間交渉の末、八一年五月には日本製乗用車の輸出は年間百六十八万台に自主規制することで合意した。 ...
  • 日米合わせて百二十八万台という想像を絶する数の超並列スーパーコンピューター群が、『ループ』を支えるのだ。 ...
  • オートバイの国内出荷は、ホンダがロードパルを発売した五十一年が百三十万台、ヤマハが参入した翌五十二年は百六十二万台に急増、そしてスズキが名乗りを上げた五十三年には百九十八万台と、二百万台にあと一歩のところまできた。 ...
  • 軽自動車を除いた小型車以上の新車登録台数の推移をみると、五十八年、五十九年はピッタリ三百九十八万台、六十年が四百三万台、六十一年四百九万台とほとんど横ばいで推移してきたのが、六十二年に入り、突如四百三十一万台へ増えた。 ...
  • とりわけ“HY戦争”の主戦場となった排気量五〇cc以下の原付き第一種は、消費者からソッポを向かれ、ピークの五十七年に二百七十八万台あった国内販売は、平成五年には八十五万台へと三分の一以下に減り、今なお歯止めが掛かっていない。
  • 「運転者まるで試験台 ホンダNシリーズ/発売急いだ花形車/二十八万台に欠陥」 朝日新聞が朝刊社会面トップで大々的に報じた。 ...