十八ヵ寺

17 の例文 (0.00 秒)
  • 八十八ヵ寺を巡っていると前後して顔見知りになる人々がいる。 ...
  • そうして私の心の中にふるさとの四国八十八ヵ寺がぼんやりとスライドされていった。 ...
  • 参道には、八十八ヵ寺の中でも難所に挙げられる「流汗坂」がある。 ...
  • 八十八ヵ寺のいたるところにある石の道標が心強くも優しい。 ...
  • 都会で暮らす日々を思うと、ときおり不思議な気持ちがする八十八ヵ寺巡りである。 ...
  • 天平勝宝年間、報恩大師が和気郡伊部村に創建した備前四十八ヵ寺の一つ。 ...
  • 報恩大師が建立した備前四十八ヵ寺の一つ。 ...
  • 孝謙天皇の勅願で報恩大師の創建と伝わる備前四十八ヵ寺の一つで鎌倉時代に東大寺を再建した重源ゆかりの寺として知られる。 ...
  • 広々とした門前の空間、公園のような境内、たくさんの木々に囲まれた八十八ヵ寺で唯一の近代建築に変容したこの寺は、屈託のない明るさで俗世との垣根を取り払っているようだ。 ...
  • 白衣の襟に押印する光明印判は、八十八ヵ寺で唯一、大師の筆跡を刻印したもの。 ...
  • 八十八ヵ寺の中でも有数の古刹こさつ ...
  • 現在は館林市木戸町であるが、もともとは足利荘木戸郷であり足利四ヵ檀林の一寺で十八ヵ寺の本寺であった。 ...
  • 天智天皇の勅願により、伊予の大守・越智守興が建てたといわれ、八十八ヵ寺有数の歴史を誇る寺院。 ...
  • 紀州から熊野権現を勧請かんじようして十二坊、末寺四十八ヵ寺を持つ大寺院として栄えたが、たびたびの兵火、火災で今日の姿になった。 ...
  • 永井吐無画伯の「四国霊場八十八ヵ寺」の画集の絵は、繊細なペン画で、一ヵ寺ずつを丁寧にスケッチしてある。 ...
  • その八十八ヵ寺は、阿波に二十三、土佐に十六、伊予に二十六、讃岐に二十三あり、それぞれが発心ほつしんの道場、修行の道場、菩提の道場、涅槃ねはんの道場と名づけられている。 ...