十光年

48 の用例 (0.00 秒)
  • 五十光年をあとにして、もう目と鼻の先というところまで迫っているのだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • ここは故郷から二十光年も離れているし、相手にしているのはチェンホーだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • しかし残念ながら、文明から二十光年離れたここでは、なにごとも簡単ではない。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • それとも愚連隊は、四十光年も離れたところにいるのかもしれない。 ハインライン『宇宙の戦士』より引用
  • 三十四時間ほど通常航行して、十光年のワープをしたのである。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ02 撃滅!宇宙海賊の罠』より引用
  • このような強い恒星風は、直径数十光年の恒星風バブルを形成しうる。
  • しかし、そのエマージェント文明から二十光年離れたここでは、事情が異なる。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • あなたの家族からも二十光年離れている。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • その太陽までは十光年と言いましたね? E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • 星系国家ジゴバは、もっとも近い星まで二十光年離れている。 茅田砂胡『スカーレット・ウィザード 第01巻』より引用
  • みんな何十光年、場合によっては何百光年も離れたところからはるばるやってきたのだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • つぎの百五十光年は、ピンの頭ほどの光でいろどられた暗黒だった。 ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』より引用
  • 何十光年、何百光年の距離をわたってきたかすかな星の光が、小さな小さな星間物質を押す。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • 五百八光年離れたブロンガにしか通じていないローカルな駅だから、二十光年離れた隣の星へ行くほうが苦労することになる。 茅田砂胡『スカーレット・ウィザード 第01巻』より引用
  • しかも、リゲルはここから四百四十光年も離れている。 E・E・スミス/小西宏訳『(レンズマン・シリーズ5) ファースト・レンズマン』より引用
  • 恒星間飛行を可能にしたワープ航法が完成されてから十年、そろそろ人類が新天地を求めて何十光年も離れた惑星への移住を始めた頃であった。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ02 撃滅!宇宙海賊の罠』より引用
  • あるいは何光年、何十光年へだたった惑星系には知的生命の存在することの可能性は考えられたが、それはもはや真の意味での接触の希望をかなえるものとはならなかった。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • まるで、眼の前の作業台にものを置いて熔接するように確実に、二十光年の遠方で熔接アークを操作することができるのである。 E・E・スミス/川口正吉訳『ヴァレロンのスカイラーク』より引用
  • しかしトライランド星から五十光年の距離を移動してくるあいだひつぎにはいっていた乗組員を、すべて目覚めさせて収容できるくらいの広さはある。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • 居住棟は直径二百メートル以上の不完全なかん状で、二十光年もの距離をはるばる運んできた材料でつくられていた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • 次へ »