十五万フラン

17 の例文 (0.00 秒)
  • この六十万フランのうち、お前は五万エキュ〔十五万フラン〕を手にした。 ...
  • ジョセフィーンの衣裳代は七十五万フラン、宝石は百万フランもしたのである。 ...
  • ですから、出発の際に、僕の身分を証明する一切の書類と、もし父の気に入る相手を選ぶなら、結婚した日から年に十五万フランの金を僕に保証してくれるという手紙を残して行ったのです。 ...
  • それから十五万フランではなくせいぜい三万か四万フランの年金しか得られないことをお忘れなく。 ...
  • 金庫を開け、なかにあった四十五万フランを取り、税関で身体検査をされた場合のために、どこに隠そうかと考えました。 ...
  • 五月には、僕たちは四十五万フラン儲けました。 ...
  • 数日前のこと、ユロはふたところの生命保険会社に出かけて行って、むこう三年の期間で、それぞれ十五万フランの生命保険をかけたのであった。 ...
  • 父親のカヴァルカンティ氏に手紙を書いたところ、同氏もこの結婚に大いに乗り気で、軍務のため滞在しているパルマを離れられないのがきわめて遺憾であると伝え、十五万フランの年利をもたらす財産を息子に与えることに同意する旨を表明していた。 ...
  • だから、いかにも純潔でいかにもあどけないこの女は、当時およそ十五万フランの貯金があった。 ...
  • 売り上げは十五万フランだった。 ...
  • パルマに送り届けられた壁掛け、掛け時計、シャンデリアは三十五万フラン以上の価格のものだった。 ...
  • イタリア人のテノール歌手が十五万フラン、コメディー=フランセーズの女優の一人が十七万五千フランまでせりあげた。 ...
  • デ・グラサン氏は、例のオランダ商人が振り出した手形十五万フランを割り引いてやったので、グランデにその手数料の貸しがあったし、年利十万フランの国債の購入に必要な金が足りなかったのを立て替えた分もあって、そのふたつを国債の半期の利子から差し引いた残り、三万フランを銀貨で、駅馬車便で送ってきたのだった。 ...
  • パスタ〔イタリアの歌姫〕やマリブラン〔パリに生まれたスペインの歌姫〕やグリジ〔イタリアの歌姫〕のように、お父様がどんなにお金持ちでも私に与えられないほどのもの、十万か十五万フランの年収を私一人の力で得るようになれるかもしれなくてよ。 ...
  • 「三十五万フラン」競売吏は繰り返した。 ...
  • 同人は模範的、献身的、細心な振舞いによって、なんらの手掛りもなしに、小生の計画の一部を画餅がへいに帰せしめ、よって保険会社のために四十五万フランを節約せしめた。 ...