十三世名人

17 の例文 (0.00 秒)
  • 十三世名人関根金次郎によって棋聖の称号が公式に認められた。 ...
  • 後の十三世名人関根金次郎に一ひねりされ、将棋の勉強を始める。 ...
  • 若手時代、関根金次郎十三世名人と対局する機会を得るも敗れた。
  • 同年に死去した小野五平十二世名人の跡を受けて師の関根が名人に推挙され、十三世名人となる。
  • これを縁として、1924年には関根金次郎十三世名人のもとにこれらの将棋三派が合同して東京将棋連盟が結成された。 ...
  • 将棋においては十三世名人関根金次郎が1937年に引退するとし、1935年から日本将棋連盟による名人戦を創設して成功を見る。 ...
  • 同年、弟弟子の関根金次郎が十三世名人になった。 ...
  • 関根金次郎十三世名人が自ら名人位を返上するとし、1935年に初の実力制名人が始まったが、神田辰之助七段の参加権を巡る対立で連盟が分裂。 ...
  • これは、江戸時代から続く終世名人制を引き継ぐためであり、最初の永世名人である木村義雄は、関根金次郎十三世名人の次であるから十四世名人を名乗った。 ...
  • 大正八年、名人位の継承問題が起こるが「坂田は知性・教養が不足」とした東京棋界は、関根八段に十三世名人と継がせようとする。 ...
  • 江戸時代から名人は家元制の終身名人として続いていたが、1935年、十三世名人の関根金次郎が1937年をもって名人位を退位することを宣言し、実力名人制に改められた。 ...
  • 将棋では、特に、江戸時代末期に現れた、不世出の天才棋士・天野宗歩を指すことが多く、天野には十三世名人の関根金次郎によって棋聖の称号が贈られている。 ...
  • 弟子に小菅剣之助名誉名人、関根金次郎十三世名人がいる。 ...
  • 坂田三吉は、関根金次郎十三世名人と激戦を繰り返したことで知られ、『王将』というタイトルで数多くの舞台や映画、歌のモデルになったが、没後の昭和30年に日本将棋連盟により「名人位」とともに「王将位」を追贈されている。 ...
  • 大正10年5月8日に関根が十三世名人を襲位するが、54歳の関根は既に指し盛りを過ぎており、実質は土居が実力トップであった。 ...
  • 関根金次郎十三世名人門下。