十そこそこだろう

17 の例文 (0.00 秒)
  • 年の頃は三十そこそこだろうか。 ...
  • この男も四十そこそこだろう。 ...
  • 四十そこそこだろうが、まだ、色気のある体つきをしている。 ...
  • 三十そこそこだろうか、ろくに化粧をしていないのは、こんな場合だからで、それにしては色の白い、優しい感じの女であった。
  • るいの求めに応じて、さまざまの菓子の入った箱を運び出して来るのは手代のようで、こちらは三十そこそこだろうか。 ...
  • 年は三十そこそこだろうか、よくととのった目鼻立ちで、きれいにり上げた頭のせいか、美少年という印象がする。 ...
  • まだ四十そこそこだろう。 ...
  • 一方三谷玲子は子持ちとはいえ、まだ三十そこそこだろう。 ...
  • 三十そこそこだろうか。 ...
  • 店先に四十そこそこだろう細面の上品な女が手代らしいのと商売物の扇の品定めをしている。 ...
  • 三十そこそこだろうと、祐司は思った。 ...
  • まだ、三十そこそこだろうか。 ...
  • しわの少ない顔からすると、おそらく、四十そこそこだろうが、気苦労が多い仕事をしているためか、額はすでに禿げ上がり、頭頂もかなり寂しくなっている。 ...
  • せいぜい三十そこそこだろう。 ...
  • 鯉屋の内儀というのは、まだ四十そこそこだろう、如何にも京美人といった細面ほそおもてで、眉を落し、鉄漿かねをつけた口許が上品な、いい女ぶりであった。 ...
  • 「死体をみつけたと申しますか、異変に気がつきましたのは、亀島町の清元の師匠で寿三栄と申します」 五十そこそこだろう、鳴海なるみ絞りの浴衣を着た女が番台の横にべったりすわり込んでいて、おすみが団扇うちわであおいでやっている。 ...