医師

全て 名詞
24,702 の用例 (0.02 秒)
  • および、死と同時に必ずその医師が呼ばれて死亡証明を書いていること。 牧逸馬『浴槽の花嫁』より引用
  • 今日は一里半ばかり離れた阿蘇の病院から馬に乗つた若い医師が見えた。 吉田絃二郎『八月の霧島』より引用
  • 私は皆まで聞かずに、呆気あっけにとられた医師を残して飛び出してしまった。 小酒井不木『犬神』より引用
  • 俺や藤之医師らが、指の先についた霊薬れいやくをなめた時は何も感じなかった。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑤』より引用
  • 藤之医師の目は、魔法円まほうえんに現れる文字の向こうを見ているようだった。 香月日輪『妖怪アパートの幽雅な日常⑤』より引用
  • 医師はクリストフが初めの食事に手をつけなかったのに気づいたのだった。 ロラン・ロマン『ジャン・クリストフ』より引用
  • そしてそれにつれて老医師の考へもこの頃では大分最初と変つてゐた。 相馬泰三『夢』より引用
  • わざわざ看護婦を医師のへやまでやって、特に礼を述べたくらいである。 夏目漱石『思い出す事など』より引用
  • もっとも私も及ばずながら医師いしゃの世話もしたんです、薬も飲ませました。 泉鏡花『婦系図』より引用
  • しかし丘田医師は、あの夜から、どこへ逃げたものか、行方不明である。 海野十三『ゴールデン・バット事件』より引用
  • 手術着の下着をつけた医師や、看護婦が頻りに手術室を出入りしている。 外村繁『澪標』より引用
  • けれど医師としての彼の立場はこの場合でも容易に動かされなかつた。 浜尾四郎『殺人鬼』より引用
  • お末の知覚はなくなつてゐたから、医師も母のするまゝにまかせて置いた。 有島武郎『お末の死』より引用
  • それについて、溝口医師は僕の叔父にむかって、こう話したそうである。 岡本綺堂『有喜世新聞の話』より引用
  • そして医師が向うへ行ってしまうと間もなく看護婦は私に云った。 海野十三『柿色の紙風船』より引用
  • それから約七分たつてから、警察から刑事数名と野原医師がかけつけた。 浜尾四郎『殺人鬼』より引用
  • 医師に見てもらうとこれは胸に水を持ったので治療の方法がないとの事であった。 寺田寅彦『備忘録』より引用
  • でもとにかく一寸した時にかかりつけの近くのU医師を呼ぶことにした。 豊島与志雄『生と死との記録』より引用
  • 一般に医師はお世辞のいいものだが、この人は世間話もできないのだ。 坂口安吾『吹雪物語』より引用
  • 彼のした約束も医師から聞いた警告も二つとも過去の事だったのだ。 スティーブンソン・ロバート・ルイス『宝島』より引用
  • 次へ »