医学部

全て 名詞
3,072 の用例 (0.01 秒)
  • これは17世紀までイスラム圏とヨーロッパの医学部で教材に使われた。
  • 定太郎は現在の東大医学部に学んだが卒業を目前にして赤痢で死去した。
  • この何度目かの広告に応募してきたのが、医学部の学生だった稲垣である。 深谷忠記『寝台特急「出雲」+-の交叉』より引用
  • 医学部は約5年制で、各大学ごとに様々なカリキュラムが組まれている。
  • 不幸中の幸いにも一行は医学部のパーティなので、応急の処置は出来た。 森村誠一『虚無の道標』より引用
  • 顔はいいし、勉強はできるし、医学部だし、好きな女の子と東京に行くし。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第04巻』より引用
  • これが北里と東大医学部との反目を、さらに深刻化させたのであった。 飯沼和正『あるのかないのか? 日本人の創造性』より引用
  • 父ゲバラもまたそれを望んでいたが、かれが選んだのは医学部コースだった。 三好徹『チェ・ゲバラ伝』より引用
  • 日本の難関大学の医学部と比べても、群を抜いた競争率の高さを誇る。
  • そして1906年、医学部はキャンパス北西部の新しい建物に移転した。
  • 医学部へ行くつもりなら、いい勉強だから、ちゃんと看病しなさいって。 曾野綾子『太郎物語』より引用
  • それだとしたら、これは、そのころの東大医学部の第二病院であった。 飯沼和正『あるのかないのか? 日本人の創造性』より引用
  • 献体をすると、大学病院を通じて大学の医学部に行くことになります。 式田和子『死ぬまでになすべきこと』より引用
  • 医学部はウォーラー・ホールに戻され、その地域の他の建物も使用した。
  • わたしは医学部の二年生でしたけれど、毎日授業に出ていました。 大山誠一郎『アルファベット・パズラーズ』より引用
  • 第一日目の受診を終えたわたしたちは、医学部の中をくまなく歩いた。 三浦綾子『塩狩峠 道ありき』より引用
  • 誰かが密かに、大学医学部が持っている権力を削ぎたがっているのだ。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(上)』より引用
  • 医学部の同期だった安藤の紹介で、昌子は安藤の妻と同じ里の娘だった。 瀧澤美恵子『ネコババのいる町で』より引用
  • 両親は私が真面目に医学部の受験に取り組みはじめたことで満足していた。 高橋克彦『前世の記憶』より引用
  • かつてウィーン大学医学部は医学研究において世界的な中心のひとつであった。
  • 次へ »