医学部進学

30 の用例 (0.01 秒)
  • 大学への編入学が1990年代まで制限されたため、旧制高校復活ともいえる専門教育準備のための一般教育系学科を置く短期大学の設置はなく、わずかに学芸学部の2年課程や専門課程を欠いた医学部進学課程の設置が見られた程度である。
  • 祖父、父、伯父たち、兄の皆が医師で、大崎自身も医学部進学を望まれていたが、父の反対を押し切って上京した。
  • 当時の医学部進学課程、歯学部進学課程は千葉大学文理学部に委嘱されていた。
  • そのため、学校群制度が施行されて間もなかったとはいえ、東大に多くの合格者を送っていた都立日比谷高校から医学部進学を希望して、親に頼み自ら中学2年次に上京し、品川の荏原二中に転校した。
  • 新制大学として発足する際、旧制高等学校時代の資源を活かせる文理学部を設置する案が有力であったが、戦後日本の復興に資する大学を建設するという意味で、経済学部と医学部進学課程の構成で出発した。
  • 具体的には、 上記情報は、ある程度の学力と相当な学費支払い能力がある受験生にとって、私立大学歯学部進学と私立大学医学部進学のどちらを選択するか迷っている場合においては、多少なりとも影響する情報であると考えられる。
  • 高校2年のとき、医師だった兄が脊髄腫瘍でギプスベッドに入ったきりになった上、父の急死に遭い、家業を継ぐ必要に迫られて医学部進学を決める。
  • 彼は、1963年にコロンビア大学にて医学部進学課程と経済学の学士を取得;1967年に、にて医学博士を取得;1971年に、とにおける精神科研修を修了する;1978年に、から精神分析医の修了証明書を受け取る。
  • プレメディカル、医学部進学課程および歯学部進学課程は、1955年以降に医学部ないし歯学部への進学のために設置された、入学資格を高等学校卒業程度とする、一般教養教育・語学教育・基礎教育を行う修業年限2年の課程である。
  • その後、文部省が方針転換して旧制大学予科や理学部乙の短期大学への切り替えを求めず、医学部進学課程の名称で修業年限を2年とする大学の設置を認め、進学課程に切り替わった。