医学部法医学教室

17 の用例 (0.00 秒)
  • 翌日、捜査本部に、甲斐かい大学医学部法医学教室に送り込まれた被害者の解剖鑑定の一部が報告された。 泡坂妻夫『斜光』より引用
  • そして裁判所から死因の再鑑定を依頼されたのが、東京大学医学部法医学教室教授の石山昱夫である。
  • 一審では血液学の権威である東京大学医学部法医学教室教授古畑種基も数学を援用して那須の衣服の鑑定を行い、それには被害者のものと完全に一致する血液が付着していると結論した。
  • 国立大学医学部法医学教室の教授が、ロスの検死官の解剖記録や、ロス警察の捜査報告書などを参考に、転落の原因を鑑定していた。 上野正彦『死体は告発する』より引用
  • 弁護側の再鑑定依頼に応じて1985年6月に法廷へ意見書を提出したのは、弘前大学教授夫人殺人事件や松山事件の再審鑑定で名が知られていた、千葉大学医学部法医学教室教授の木村康だった。
  • 遺体の司法解剖は、その日の午後四時三十分から、大阪大学医学部法医学教室で、四方一郎教授の執刀により行われた。 読売新聞大阪社会部『逆転無罪 少年はなぜ罪に陥れられたか』より引用
  • K大学医学部法医学教室の講師と東京都監察医務院の監察医を兼任する安藤にとって、遺体を解剖しているときが唯一、愛する息子の死を忘れられる時間だった。 鈴木光司『らせん』より引用
  • そこで 琉球りゆうきゆう 大学医学部法医学教室のドクターが、警察官立会いで検死をすることになった。 上野正彦『死体は告発する』より引用
  • 弁護側は、白シャツの再鑑定を東京大学もしくは慶應義塾大学へ委託して行うことを裁判所へ求め、裁判所がこれを容れて物証の再鑑定を行うよう命じたのが、東京大学医学部法医学教室教授の古畑種基だった。
  • そして、佐藤の推薦によって弁護側がさらなる再鑑定を依頼したのが、藤田学園保健衛生大学医学部法医学教室教授にして警察大学校講師である内藤道興だった。
  • これに対して弁護側は付着物の再鑑定を行うよう裁判所へ求め、これを容れた裁判所は、北里大学医学部法医学教室教授の船尾忠孝を付着物の再鑑定人として選任した。
  • 事件の詳細な状況についての鑑定は、検察側が金沢大学の井上剛、弁護側が獨協医科大学の上山滋太郎の両大学医学部法医学教室教授を鑑定人として申請している。
  • 同日に旭署に移された遺体は、最初に横浜市立大学医学部法医学教室助手である県警監察医のIによって死因の鑑定が行われた。
  • かつての裁判で有罪の決め手となった白シャツの血痕鑑定については、検察側と弁護側の双方が新たに鑑定人を立ててその検証が行われることとなり、弁護側は北里大学の船尾忠孝、検察側は千葉大学の木村康の両大学医学部法医学教室教授をそれぞれ鑑定人として申請した。
  • 鑑定の対立を受け、検察側はさらなる鑑定人として岩手医科大学医学部法医学教室教授の桂秀策を裁判所へ申請した。
  • そこで昭和二十一年四月一日から、民生局長主管の下、東京大学と慶応義塾大学医学部法医学教室と病理学教室の医師に委嘱して、アメリカの Medical Examiner System に類似した監察医業務をスタートさせた。 上野正彦『死体は告発する』より引用
  • そして、松木・鑑識鑑定とほぼ同時に、東北大学医学部法医学教室助教授の三木敏行によっても白シャツの鑑定が行われ、この鑑定でもやはり白シャツからは血液が検出された。

医学部法医学教室 の使われ方