医学部に進学

31 の用例 (0.00 秒)
  • 何かとお金のかかる医学部に進学できたのも祖父のおかげだったからです。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • 当時、医学部に進学する人はドイツ語を学ぶために理科乙類に入った。
  • やっとの思いでエジンバラ大学の医学部に進学したが、ここでも落第ばかり。 加藤秀俊『一年諸事雑記帳(下) 7月~12月』より引用
  • 明治33年、岡山市の第六高等学校第三部を卒業後、九州帝国大学医学部に進学する。
  • 彼はマギル大学で数学と物理学を学び、ここの医学部に進学した。
  • 近年では医学部に進学する女子が飛躍的に増え、29歳以下の若い医師は三人に一人が女性である。
  • 裕福な家庭に生まれ育った少女ジェイドは、兄の死をきっかけに医者を志し、医学部に進学するためだけに高校生活を送っていた。
  • ハマーとダマスカスで学んだ後、1932年にイエズス会大学の医学部に進学した。
  • 多くの卒業生は新制大学の歯学部もしくは医学部に進学した。
  • 父は大学教員で大変厳格であり、弟も菊地の出家当時は有名進学校に通っており、後に国立大学医学部に進学し医師となった教育熱心な家庭であった。
  • 医学部・歯学部とは別の組織であり、進学課程を修了すればほぼ無条件で同一大学の医学部に進学できた。
  • ブランダイス大学で学位を受けた後、ロデリックはタフツ大学の医学部に進学した。
  • この間借り人の影響を受けて医師を志すようになったドイルは、1876年にエジンバラ大学医学部に進学した。
  • まず日本と同様に中等教育修了後に大学医学部に進学でき、そこで約6年間の医学教育を受けるが、医学部での勉強と医師国家試験は平行して行われ、医師免許取得後にも医学部で医学教育を受ける必要がある。
  • 慶應志木高校時代は物理学に興味があり、理工学部を進学先に決めていたが、物理学者エルヴィン・シュレーディンガーの『生命とは何か』を読んで生命科学の面白さに触れ、医学部に進学することを決意したと語っている。
  • なつみの証言では、郁子はうなるほどお金があって独身なのに、時間も経費もかかる医学部に進学させていることを、繰り返しいい続けていた。 和田はつ子『薬師』より引用
  • 父親は広島で高額所得者の常連だった医師で、兄弟達は国立大学医学部に進学した医業一家に育つが、自身は私立大学の2部に進学した。
  • 優等生で音楽の才能にも恵まれていたエドゥアルトは、精神科医になるべく、大学の医学部に進学した。
  • それから7年後、獣医学部に進学したあかりは、ギタリストとしてパリから帰国した進と再会し、恋に落ちる。
  • 日本医科大学の医学部に進学し、1979年に卒業した。
  • 次へ »