医学部に入学

38 の用例 (0.00 秒)
  • ベルナールは、1834年にパリに移り、パリ大学の医学部に入学した。
  • 養子になった佐八郎は1891年私立岡山薬学校を卒業後、第三高等中学校医学部に入学する。
  • 高校時代までは勉強が嫌いであったが、ハイデルベルク大学医学部に入学してからは猛勉強をする。
  • 大学に入学するまでに興味は動物学に集中していたが、父アントンは医学の方が現実的だと考えたため、それに従ってウィーン大学の医学部に入学した。
  • その後医学を志してパリ大学医学部に入学した。
  • ちなみに、医学進学家課程から医学部に入学した士官候補生は、卒業まで学位取得の支援がなされる。
  • 医学部に入学したものの医者になりたくはなく、音楽サークル活動に熱中した事で親に断りなく転部した。
  • 法学部に入学するが、その後ウィーン大学医学部に入学しなおした。
  • その後、東京大学医学部に入学、従軍して外地にいたが帰国し、大学に戻った。
  • 代わって獣医師を志し、日本大学第一高等学校を経て、日本大学獣医学部に入学した。
  • パドヴァ大学の医学部に入学した年から数えれば、すでに十年を越す歳月がっているのである。 塩野七生『コンスタンティノープルの陥落』より引用
  • もっとも、実際にリッツァがカレル大学医学部に入学したのかどうかは、その時点では確かめようがなかったのだけれど。 米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』より引用
  • 万が一、カレル大学医学部に入学しているとしたら、それは、父親のコネを利用したのかもしれない。 米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』より引用
  • 彼は母親の強い勧めもあって地元エジンバラ大学の医学部に入学、医者になって家族を生活苦から救いたいという強い意欲に満ちていた。 河村幹夫『われらロンドン・シャーロッキアン』より引用
  • 姉の急死がきっかけで、医者を目指して国立岡山大学医学部に入学するが、在学中に信仰がはっきりして献身した。
  • そのため隣国チェコスロバキアのドイツ系大学であるプラハ・カレル大学医学部に入学した。
  • それゆえ、20歳代後半や30歳代、40歳代で医学部に入学する者も多く、医学部の学生の平均年齢は他学部に比べ高い。
  • ドイツ空軍で1年の兵役につき、1939年、ミュンヘン大学医学部に入学する。
  • まもなくリッツァが兄のミーチェスとともに、プラハ・カレル大学医学部に入学したという噂が風の便りに聞こえてきた。 米原万里『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』より引用
  • 彼らは、前に述べたように、コミュニティ・カレッジで教えたり、民間会社にはいったり、なかには将来性の少ない数学社会に見切りをつけ、医学部に入学し直して再出発を計る者なども出てくる。 藤原正彦『若き数学者のアメリカ』より引用
  • 次へ »