区別なく混用

3 の用例 (0.00 秒)
  • 運用開始後は大正13年系とともに形式ごとの区別なく混用された。
  • 車籍上は51 - 65は神姫電鉄1形からの機器流用車であるのに対し、それ以降は日本製の同等機器を新製搭載したとされているが、実際には検査の都合もあり、輸入品と日本製が特に区別なく混用されている。
  • 本形式は前述のように近距離運用を主眼として設計されたものであったが、前述6300系や78系といった4扉車体の大型通勤形車両の増備に伴って中長距離運用にも充当され、32系・54系に属する各形式と何ら区別なく混用された。